コククジラ (Grey Whale)

コククジラは動物界の中でも最大の回遊者で、繁殖のために夏のアラスカから冬のメキシコ太平洋沿岸の暖かい海まで年間12,000マイルも泳いでいます。この動物の最大の個体群はこの北米の範囲に生息していますが、韓国付近の北太平洋西部にも絶滅の危機に瀕した個体群が存在します。その荒々しい外見と水面でのおとなしい行動から、この哺乳類は「呼吸する岩」という愛称で呼ばれています。濃い肌を覆う白と灰色の斑点が名前の由来になっているほか、フジツボやクジラジラミにも覆われています。

これらのヒゲクジラは、水面で水をろ過するのではなく、横向きになって海底の堆積物をすくい上げて底生の甲殻類を食べるというユニークな摂餌技術を持っています。サイズはザトウクジラに似ていますが、背びれの欠如、斑点のある色調、静かな水面での行動のために区別するのは簡単です。ボートからの目撃情報が多く、ホエールウォッチャーの間では人気があります。コクジラと一緒にダイビングをしたいですか?下記のダイビングサイトマップで、コククジラが目撃されているベストスポットをご確認ください。