Apo Island Mamsa Point

有名なアポ島では、地元の言葉でトレバリーを意味する "マムサ "にちなんで名付けられたこのサイトは、ここに住んでいるビッグアイドトレバリーの学校のために見つけることができます。

ここでは、Big-Eyed Trevally、バレルスポンジ、チューブスポンジ、イソギンチャク、クリノイドの学校を見つけることができます。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 18 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • スノーケリング
  • マクロスポット

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Chapel

アポ島のカトリック礼拝堂は、ダイビングサイトから見ることができます。洞窟は、ソフト&ハードコーラルで飾られたオーバーハングを公開しています。

詳しくはこちら

Baluarte

アポ島の西海岸に沿って、バルアルテは、その地質学的起源の明確な証拠を与えてくれます。島の地下から泡の連続的な流れが浸透しているダイビングサイトの興味深い現象は、火山活動の確実な兆候です。

詳しくはこちら

Katipanan

初めての方にもおすすめのダイビングサイトです。このサイトはとても潜りやすく、サンゴやウミガメには思わず息を呑んでしまいます。遠くまで届く珊瑚園を見渡せる綺麗なスロープで、近くで見るとウミウシや色とりどりのリーフフィッシュをたくさん見ることができます。

詳しくはこちら

Apo Marine Sanctuary

今日まで、アポ島はフィリピンで最も成功した保護の物語の一つです。マリンサンクチュアリは、一度に最大15人のダイバーしか入れないフィリピンで最初のサンクチュアリの一つでした。

詳しくはこちら

Rock Point West

アポ島の南西の角に位置するロックポイント・ウエストは、兄弟のロックポイント・イーストと隣接している。急な坂道を登っていくと、南端の台地に出ます。

詳しくはこちら

Rock Point East

ロックポイント・イーストは、アポ島の南東角に位置する指状のリーフで、主に海流にさらされているため、豊富なリーフフィッシュ、カラフルなサンゴの形成、時折遠洋生物が訪れることがあります。

詳しくはこちら

Kan-Uran

マリンサンクチュアリの少し北側には、「カンウランポイント」と呼ばれる緩やかなウォールダイブがあります。カンウランとは、地元のビサヤの方言で「人から」という意味です。初心者のファンダイバーは、オーバーハングの中に入って、色とりどりのソフトコーラルやハードコーラルの庭を探検することができます。

詳しくはこちら

Largahan

ラルガハンは、非常に美しく多様なサイトです。サンゴ園や火山岩の濃い砂地が広がっています。このサイトは、アポ島全体のようなマクロダイビングに最適です。

詳しくはこちら

コゴンとはフィリピン語で草を意味します。'コゴンポイント'は、アポ島の北東にある陸地に直接見ることができるネイティブハウスの屋根に使われていた草にちなんで名づけられました。

詳しくはこちら

Mamsa Point

マムサとはフィリピン語でトレバリーを意味する言葉で、その名の由来となっている。カンウランポイントから北へ数百メートルのところにあるこのスポットでは、潮の流れが本当に強くなることがあります。

詳しくはこちら