アルマディナでのダイビング

マディナ地方には、サウジアラビアでも有数のダイビングエリアがあります。ヤンブ(Yanbu)やアライエズスビーチ(Alrayes Beach)などは、国の北部に位置しており、壮大な自然の造形物や美しい珊瑚礁を探索することができます。 アル・ウラ地方の砂岩やハラット・バニ・ラシッドの白い火山の間をハイキングしたり、紅海の太陽に照らされたビーチで日光浴をしたりするのもいいでしょう。この地域の紅海の水温と塩分濃度は、サンゴの成長を促し、より複雑な海洋生物の生息環境を向上させます。年間を通して水温は25~30℃で、マディナ地方のダイビングは一年中楽しめます。 マディナの魅力は水中だけでなく、海の上にあるこの地域は歴史と文化にあふれています。この地域には、サウジアラビア初のユネスコ世界遺産であるマッダインサレハやデダンのライオン墓など、イスラム教の重要な宗教遺跡があります。しかし、サウジアラビア人にとって最も重要なのは、イスラム教の預言者ムハンマドが生涯の大半を過ごし、現在は世界最大級のモスク、イスラム教で2番目に神聖な場所であるアル・マスジド・アン・ナバウィに眠るマディナ市です。マディナ地方を訪れる魅力の一つは、何千年も前に建てられたこれらの史跡がどれほど保存状態が良いかを知ることです。

アルマディナ地方で訪れるべきダイビングスポット

アルマディナ地方のおすすめスポット

ヤンブ地域のダイビングでは、手つかずのサンゴ礁、透き通った水、そして広大な魚類の多様性を楽しむことができます。

詳しくはこちら

アル・マディナ地方の野生動物との出会い

紅海のこの地域では、水温と塩分濃度が高くなるにつれ、サンゴ礁の構造が複雑になっていきます。サウジアラビアの海洋生物は、素晴らしいサンゴの多様性を持つ魅力的なサンゴ礁の島々に囲まれて繁栄しています。ブルースポッティドエイ、トランペットフィッシュ、ナポレオンラス、カクレクマノミ、フュージリアの群れ、ハンプヘッドラスなど、何百種類もの魚に出会うことができます。バラクーダやウミガメも定期的に目撃されています。サンゴの間にはストーンフィッシュ、モスフィッシュ、ライオンフィッシュが隠れていて、マクロ好きにはパイプフィッシュ、ウミウシ、スターゲイザー、カエルアンコウなどが豊富です。6月から3月にかけては、ハンマーヘッド、グレーリーフシャーク、オーシャニックホワイトチップス、ジンベエザメなどの多くのサメの種を含む大型の遠洋生物も頻繁にこの海域を訪れます。