ヨーロピアンブルヘッド(カジカ属魚種) 

ヨーロピアン・ブルヘッドは比較的小型の魚で、体長の約25%を占める頭部がはっきりとしている。この淡水魚の唯一の鱗は側線にあり、大きな翼のような胸ビレを持っている。ヨーロピアン・ブルヘッドは、先細りの体形、茶色がかった斑点のある色、大きな口、そして頭頂部にある突出した目が特徴的である。この豊富な魚は、体長が10cm以上になることはほとんどない。

小さなヨーロピアン・ブルヘッドは、イングランドやホエールの冷たい淡水の小川、湖、川などでよく見られる。ヨーロッパの他の地域ではあまり見られない。ダイバーがヨーロピアン・ブルヘッドを見つけるには、夕暮れ時に比較的浅い水域、石の下、砂地や砂利の上にいるのをよく見かける。この小さな魚は汽水域にも生息しており、バルト海の沿岸水域でも確認されています。ヨーロピアン・ブルヘッドと一緒にダイビングができる場所を探すには、下の地図をご覧ください。