東マレーシアでのダイビング

世界で最も重要で美しいスキューバダイビングができる場所の一つである東マレーシアで、忘れられない水中体験をすることができます。 この地域はマレーシアの2つの主要な地域の1つで、マレーシアのボルネオ島としても知られています。西マレーシアに比べて、この地域は人口が少なく、開発されていないため、天然資源が豊富です。繁栄している手つかずのサンゴ礁と手つかずの海洋生物がここで見つけることができます。また、マレーシアの中でも最も混雑していないダイビングスポットを見つけることができます。この地域の暖かい海のため、多くのアオウミガメやホークスビルウミガメを見ることができます。バラクーダの群れやオウムフィッシュのような種は、東マレーシアの不思議を探検するときに近くを泳いでいます。また、マンダリンフィッシュ、ミミックダコ、イエローパイク、エンゼルフィッシュ、さらにはフグなどの種を見つけることができます。大きな見どころの一つがナイトダイビングです。おすすめの時期は4月から8月ですが、ダイビングは1年を通して行われています。あなたが見逃せない場所のいくつかは、その5メートル(16フィート)のドロップオフを持つシパダン島、サラワク州で2番目に大きい都市ミリと2000メートル(6562フィート)の深さまで行く水域のラヤン・ラヤンが含まれています。

東マレーシアのダイビングスポット

東マレーシアのおすすめスポット

ミリ

ミリはボルネオ島の北西海岸に位置し、第二次世界大戦の難破船や人工岩礁で埋め尽くされています。

詳しくはこちら

コタキナバル

コタキナバルは、シュノーケリングやダイバーの間で流行していますが、その中でも特に人気があるのがトゥンク・アブドゥル・ラーマン・マリンパークです。

詳しくはこちら

マブール& シパダン島

シパダンはマレーシアで唯一の海洋島で、絶滅した火山円錐の上に生きたサンゴが生育しています。

詳しくはこちら

ラヤン-ラヤン島

ボルネオ銀行の宝石」とも呼ばれるラヤン・ラヤンは、サバ州コタキナバルの北西に位置し、主に上級者向けのダイビングスポットです。

詳しくはこちら

東マレーシアの野生動物との出会い

東マレーシアは、約600種類のサンゴと約1200種類の魚類が生息する海洋の多様性で世界的にも有名です。また、サメの種類も豊富で、シャークダイビングが主な見どころの一つとなっています。他にも、カメや遠洋性生物のさまざまな家族が含まれています。サンゴ礁は、東マレーシア政府の支援を受けて保護活動が始まったことで繁栄しています。この地域でできる冒険には、ウォールダイビング、浅いリーフダイビング、ナイトダイビング、シュノーケリングなどがあります。視認性は高く、水深30メートル(98フィート)を超えることが多いです。