タボラーラ海洋保護区でのダイビング

これらの保護区は3つのユニークなゾーンで構成されています。Aゾーンでは、ダイビングは一切禁止されています。Bゾーンでは、登録されたダイビングセンターの指導のもとでダイビングをすることができ、Cゾーンでは自由にダイビングをすることができます。サルデーニャ島全体では、93平方キロメートル(58平方マイル)の水域が保護されています。この地域が保護されていることで、信じられないほど肥沃な生態系が形成され、多種多様な海洋生物が生息しています。1990年代後半にこの地域が保護されるようになってから、この海洋生物は劇的に増加しました。

タボラーラ保護海域で訪れるべきダイビングスポット

タボララ保護海域での野生動物との出会い