北西部連邦管区でのダイビング

ロシア北西部でのダイビングは、経験豊富なダイバーにも感動を与えてくれることでしょう。北西部には、淡水と海水の素晴らしいダイビングスポットが点在しています。氷に覆われた白海から内陸部の淡水湖まで、この地域でのロシアダイビングは、控えめに言っても多様性に富んでいます。 ロシアの首都サンクトペテルブルクがあるレニングラード州は、ロシアの文化の中心地です。隣接するバルト海では、第二次世界大戦中の歴史的な沈没船を見ることができ、賑やかな地域です。 ロシアならではの淡水でのダイビングを楽しみたい方は、北にあるカレリア共和国へ。28,000以上の湖があります。最も人気があるのは、ヨーロッパ最大の湖であるラドーガ湖で、最大水深は225メートルあり、40種類もの魚や固有種のワモンアザラシを見ることができます。白海に面していながら、11万以上の淡水湖があるムルマンスク州では、さらに多くの淡水ダイビングが楽しめます。 ロシアのアイスダイビングの多くは、北西部の白海とバレンツ海沿いで行われています。冒険好きで経験豊富なダイバーは、神秘的な氷に覆われた水中世界を探検することができます。凍った海面の下には、息を呑むような風景が広がっており、シロイルカに遭遇する可能性もあります。

北西部連邦管区で訪れるべきダイビングスポット

北西部連邦管区のお勧めスポット

フィンランド湾

フィンランド湾でのダイビングは、まるで一つの大きな船の墓地を訪れたようです。

詳しくはこちら

連邦直轄区北西部での野生動物との出会い

ロシアの湖に潜ると、鯛、ローチ、フナ、パーチなど、ヨーロッパやロシアに特有の淡水魚が見られます。バルト海では、ヒラメ、ワカサギ、タラ、スプラットなどの魚類が見られます。もっと寒いバレンツ海では、ヒラメ、オヒョウ、タラ、ニシン、オオカミウオ、スズキ、シロイルカ、アザラシ、ハープアザラシ、ソフトコーラル、多くの棘皮動物が生息しています。カムチャッカから持ち込まれたタラバガニやズワイガニも広く生息しており、ラミナリアケルプの森は息を呑むほど美しい。白海でのダイビングでは、ヒラメ、ワカサギ、タラ、スプラット、シロイルカ、ソフトコーラル、棘皮動物などが同様に見られます。