ウォビゴン (Wobbegong)

遭遇することが最も稀なサメのひとつであるウォブベゴンは、世界中の限られたダイビングスポットでしか見られません。西太平洋とインド洋東部の浅い温帯・熱帯海域に分布するこのユニークなサメは、オーストラリアとインドネシアでよく見られます。ウォブベゴンは、実際にはこのサメの12の異なる種に与えられた一般的な名前であり、口の周りに生えているボサボサのひげを見て、彼らは人生のほとんどを海底でじっとして過ごすという事実から、"カーペットシャーク "としても知られています。

私たちが持っているほとんどのサメのイメージであるパワフルで恐怖心を煽る魚雷型のイメージとはかけ離れた存在です。この装飾的なサメの体は平らで、周囲の岩礁に合わせて広い色の斑点があり、よくカモフラージュされている。エラの上に水を汲み上げる能力を持っているため、泳ぎ続ける必要がないため、人生の大半を岩礁の底でじっとして過ごしています。そのため、このような生活スタイルとカモフラージュされた肌との組み合わせは、彼らを発見するのを難しくしていますので、これらのエリアでダイビングをするときは、目を離さないようにしてください。ウォッベゴンシャークと一緒にスキューバダイビングができる世界で一番の場所を見つけるには、以下の地図をご覧ください。