ウィーディ・シードラゴン (Weedy Seadragon)

別名シーードラゴンとも呼ばれるウィードラゴンは、タツノオトシゴ科の中でも特にユニークな姿をしています。タツノオトシゴとは異なり、細い鼻と細い体幹は骨で覆われていて、色鮮やかなリングを持っています。そのため、海藻の一部のように流れに沿って楽しそうに漂っている姿がよく見られます。通常は赤褐色で黄色の斑点があります。最大の特徴は、海藻に似た小さな葉っぱのような付属物が体から出ていることで、カモフラージュ効果があります。

タツノオトシゴとは異なり、オーストラリアの固有種であり、東インド洋、南インド洋、南西太平洋が出会うオーストラリアの南岸にのみ生息しています。もし、シードラゴンと一緒にスキューバダイビングをしたいのであれば、下の地図でこれらの興味深い動物が見られる最も人気のあるダイビングポイントをチェックして、オーストラリアへのダイビング旅行を計画してください。