ピグミータツノオトシゴ (Pygmy Seahorse)

ピグミー・タツノオトシゴはタツノオトシゴの中で最も小さくて可愛いだけでなく、環境に溶け込むのが得意です。ピグミーは世界でも最も小さなタツノオトシゴの一種で、成体の体長は平均2センチしかないので、この変装の達人を本当に探さなければなりません。どのタツノオトシゴも、自分が住んでいるウミウチワの色を忠実に再現しているだけでなく、体にはウミウチワのポリープを模した塊と呼ばれるカルシウムを豊富に含んだコブがあり、完全にカモフラージュしています。この小さなタツノオトシゴは本当に驚くべき光景です。

もしあなたがピグミータツノオトシゴの自然な生息地でのダイビングを夢見ているのであれば、東南アジアのコーラルトライアングル地域にしか生息していないため、旅行の選択肢を非常に限定しなければならないでしょう。 これらの驚くべき小さな生き物は、ほぼすべての虹の色をしていて、彼らが家と呼ぶウミウチワに合わせて色を変えています。ダイビング中にこの生物を見るための最善の方法は、ゆっくりとソフトコーラル(ゴルゴニアンとしても知られています)の中を探して、この小さくて幻想的な生物を見つけることです。下の地図をチェックして、コーラルトライアングルで一緒に潜ることができる最高のダイビングポイントを見つけてください。