オオカミウオウツボ (Wolf Eel)

ウナギではなく、5種類の「オオカミウオ」のうちの1種で、対になったエラの切れ目と胸ビレを持つ。細くて長いこの魚は、大きくなると体長2.5mにもなります。メキシコのバハ・カリフォルニアからアラスカのコディアック島まで、北米の太平洋岸の洞窟や割れ目、岩礁などに潜んでいる冷水性の海洋魚である。また、ロシアの東海岸から日本海にかけても生息しています。

この魅力的な生物は、海の中で最も醜い魚の一つと言われている。丸くて鈍い頭、突き出た下あご、威嚇するような歯が特徴的だ。ウルフイールは非常に強力な顎を持ち、ウニやカニ、サンドドルなどの硬い殻を持つ動物を好んで食べる。魚の世界では珍しく、オオカミウオは生涯にわたって交尾をし、一夫一婦制のペアはたいてい一緒に巣穴に隠れています。次のダイビングでどこでオオカミウオが見られるかは、下のダイブサイトマップで確認できます。