ミノカサゴ (Lionfish)

インド太平洋海域に生息するライオンフィッシュは、通常、水深2~60mの岩礁の下や浅い洞窟の中に隠れています。日中も夜も狩りをするが、捕食者を避けるために日没まで隠れていることが多い。残念なことに、ライオンフィッシュは西大西洋と地中海で侵略的な種となっています。実際、その威嚇的な美しさにもかかわらず、カリブ海では、わずか10年の間にその個体数が驚異的に拡大し、大きな問題となっています。実際、サイエンス・チャンネルは、「地球上で最も侵略的な種の一つである」と主張しています。これらの派手な捕食者はかなり攻撃的で人間には有害と考えられているので、ライオンフィッシュと一緒に潜るときは注意して安全な距離を保ちましょう。

ゼブラフィッシュ、ターキーフィッシュ、バタフライコッドとしても知られているライオンフィッシュは、目立つ赤、白、黒の帯、派手な胸びれ、毒を持ったとがったヒレの光線で簡単に識別できます。現在、12種類のライオンフィッシュがいますが、そのうちの2種類は大西洋の海に侵入してきました。これらの見事な捕食者と一緒にダイビングをしたい方は、下の地図をクリックして、世界中のライオンフィッシュが生息しているダイビングスポットを探してみてください。