タブクでのダイビング

紅海にはサウジアラビアで最も長い海岸線があり、タブク地方でのダイビングは外洋での活動が盛んに行われています。紅海プロジェクトとNEOMという2つの大規模な海岸開発プロジェクトの本拠地であるタブクプロヴァンスは、紅海沿いのトップ観光地になることが期待されています。このエリアは、エジプトで最も人気のあるダイビングスポットに匹敵するほどの実力を持っています。紅海のこのストレッチの水中世界は、ほとんど手付かずのままであり、確かに最も経験豊富なダイバーの好奇心を満足させるでしょう。水温は25~30℃で、ダイビングは年間を通して素晴らしい視界を確保しています。透き通った海には、保護された砂浜のビーチがあり、のんびりとした午後のひとときを過ごすのに最適です。 タブク プロヴァンスは、かつて古代文明が暮らしていた場所や、コーランや聖書に記された重要な過去の出来事の重要な場所があり、現在も訪れることができる歴史的な場所としても知られています。サウジアラビアの文化的に豊かなこの地域で、過去のモニュメントと未来への進化を体験してみてはいかがでしょうか。

タブク地方で訪問するダイビングサイト

タブク地方のおすすめスポット

タブク地方の野生動物との出会い

タブク州は、紅海に沿ったサウジアラビアの海岸線の大部分を占めており、この地域は魚類の多様性に富んでいます。タブク州の北部には、大型のハタやサメが生息しています。また、バラクーダもよく見られます。タブク州の海洋生物の多様性は、世界の他の地域と比べても、特に小型の種では他に類を見ません。マクロ写真家は特にこの地域を楽しみます。難破船も多く、沈船ダイビングに最適な場所です。