四国でのダイビング

四国地方のスキューバダイビングは一年中可能で、ほとんどのダイビングポイントからボートで15分以内で行くことができます。シャローサイトはまた、いくつかの地域では、海岸からアクセスすることができ、初心者のための素晴らしいです。四国は関東、関西、九州、そして世界中からダイバーを魅了しています。この島は自然愛好家の楽園であり、群衆から離れて取得するには絶好の場所です。ダイブの間には、鳴門の自然の渦潮、狭い山道、無限の滝、息をのむような風景を探索することができます。 黒潮の影響で、冬でも水温が高い。海岸線には小さな島々が点在し、地形も変化に富んでいるので、ダイビングをする場所には事欠きません。水中の地形は、エキサイティングなピンナクル、ドロップオフ、アーチに満ちています。 これらの亜熱帯の海は、カラフルな熱帯魚が群がるテーブルサンゴの大面積を見るのに最適な場所です。栄養豊富な電流のために、四国のダイバーは、1,000以上の熱帯と温帯の種のミックスを見ることができます。ここで発見された海洋生物の多様性は、生物学者や写真家の間で人気の四国のダイビングを行います。地元の人々も、このエリアは日本のマクロ生物の聖地と呼ばれています。

四国で訪れるべきダイビングスポット

四国のおすすめスポット

四国の野生動物との出会い

この地域では1,000種以上の海洋生物が確認されており、その多くはかなり珍しいものです。暖かい黒潮のおかげで、このエリアは熱帯と温帯の両方の生き物のユニークなミックスの家です。浅瀬ではテーブルサンゴが群生しており、カラフルな熱帯魚が多く生息しています。夏から秋にかけては、キンギョハナダイやレインボーランナーなどの回遊魚が大群をなし、冬から春にかけては100種以上のウミナメクジが見られます。他にも、ダムゼルフィッシュやシーゴールドなどの美しい群生魚も見られます。