オークニー諸島でのダイビング

第一次世界大戦の終わりに向けて、1919年には、52隻以上の船とドイツ艦隊の一部であった潜水艦が、オークニー諸島のすぐ沖合にあるスカパフローのこの地域で沈没しました。これらの船の多くは前世紀に引き揚げられて表面に出てきましたが、探索すべき残骸はたくさん残っています。ここは、第一次世界大戦の軍事史の驚くべき水中タイムカプセルです。ここは潮流が強いので(その名の由来)、経験の少ないダイバーは注意が必要です。

オークニー諸島で訪れるべきダイビングスポット

オークニー諸島の野生動物との出会い