本州でのダイビング

本州は日本で最も人口の多い最大の島であり、日本の本土とみなされています。日本の初期の歴史のほとんどは、その南部地域で行われました。また、東京、横浜、大阪、神戸の大都市圏を擁し、日本の経済の中心地となっています。本州には日本最高峰の富士山と最大の湖である琵琶湖があります。 本州の面積は87,992平方マイル(227,898平方キロ)で、日本の総県数のほぼ4分の3を占めています。海岸線は6,266マイル(10,084キロ)に広がっています。この広大な海岸線に沿って、ダイバーは南シナ海と黄海から流れる黒潮の影響を受けた穏やかな海洋条件を見つけることができます。この海の下には、温帯と冷帯の海洋生物が混在する素晴らしいコンブの森が広がっています。 本州のダイビングは、海、川、湖など様々な場所で楽しめます。 人気のあるダイビングは、何百匹ものオオテンジクザメやエイ、ハタがヘルメットをかぶったダイバーに群がる「イトウシャークスクランブル」、御蔵島でイルカと泳いだり、小笠原でクジラに遭遇したりすることができる「イトウシャークスクランブル」。また、ウミウシを中心としたマクロ種も多数生息しており、日本でも有数のダイビングスポットとなっています。

本州のダイビングスポット

本州のおすすめスポット

東北沖は寒流と暖流がぶつかり合うプランクトンが多く、日本有数の釣り場となっています。

詳しくはこちら

房総半島

房総半島は、東側に長い砂浜があり、波が高く、東京からのアクセスも良く、ダイビングも楽しめることで有名です。

詳しくはこちら

湘南・三浦半島

湘南・三浦半島では、長い年月をかけて砂岩が堆積してできた独特の縞模様の地形をダイバーに提供しています。

詳しくはこちら

小田原・真鶴半島

小田原や真鶴では、沖合に岩礁や砂地がたくさんあり、探検してみたい場所です。

詳しくはこちら

伊豆半島

洞窟や難破船など多彩なダイビングが楽しめる伊豆半島では、日本でも有数の人気スポットや最高のダイビングを楽しむことができます。

詳しくはこちら

ちゅうぶ

中部は、伊豆半島と紀伊半島の2つの主要なダイビングエリアの間に位置し、内陸部にはいくつかの素晴らしいダイビングスポットがあります。

詳しくはこちら

伊豆諸島・小笠原諸島

伊豆諸島や小笠原諸島は、海中と同様にトップサイドが美しく、ウミガメやハンマーヘッドシャークとのダイビングが楽しめます。

詳しくはこちら

本州の野生動物との出会い

本州には、世界最大級のクラゲである野村クラゲや巨大な太平洋タコ、日本で4か所しかないイルカと泳げる場所の一つである能登半島の穏やかで野生のイルカなど、大型の冷水性海洋生物が多く生息しています。本州では他にも、アジアの大型のシープスヘッドラス、イエロースポッティドバンドフィッシュ、夏には御子元島沖に集まるハンマーヘッドシャークなど、日本の海洋生物との素晴らしい出会いがあります。日本でサメダイビングをしてみませんか?5月から7月上旬には、洞窟の中で産卵のために数百匹のおとなしいシマフグザメが集まる飛島へ。