グレートバリアリーフでのダイビング

グレートバリアリーフは、おそらく地球上で最も人気のあるダイビングスポットで、毎年200万人以上の観光客が訪れています。オーストラリア北東部のクイーンズランド州沿岸に位置するグレートバリアリーフは、全長2,300km(1,430マイル)の巨大なサンゴ礁です。世界で最も広大なサンゴ礁システムは、宇宙からも見ることができます。ここに生息する海洋生物の多様性には驚かされます。ダイバーは1500種類の魚や何百種類ものサンゴに出会うことができます。2800以上のサンゴ礁と900以上の小さな島々を背景に、海の生物の息をのむような配列がありますので、カメラを持ってきてください。 グレートバリアリーフでのダイビングは期待を裏切ることはありません。温暖なコーラル海の中にあって、水温は24℃以下になることはなく、夏には30℃以上になることもあります。ダイビングは一年を通して素晴らしいものですが、季節によって海の生物の移動や様々なサンゴ礁でのアクティビティが異なります。視界は一年中素晴らしいもので、平均15~21メートル(50~70フィート)ですが、30メートル(100フィート)に達することもあります。ケアンズの街は、ダイビングチャーターを予約する際の出発点として最も人気がありますが、ポートダグラス、タウンズビル、キャップヨークなどの観光地をベースにすると、リーフのあまり観光地化されていないエリアにも行くことができます。

グレートバリアリーフで訪れるべきダイビングスポット

グレートバリアリーフのおすすめスポット

北クイーンズランド州

多くの人が「トロピカル・ノース・クイーンズランド」と呼ぶこのダイビング地域には、すべてが揃っています。

詳しくはこちら

南クイーンズランド州

クイーンズランド州南部のダイビングは、世界的に有名なグレート・バリア・リーフからエキサイティングな難破船まで、あらゆるものを楽しむことができます。

詳しくはこちら

グレートバリアリーフでの野生動物との出会い

グレートバリアリーフには、絶滅の危機に瀕している生物や固有種が生息しています。その生物多様性は熱帯雨林の生物多様性に匹敵します。特に夏の営巣期には、ダイバーは7種のウミガメのうち6種を見ることができます。また、このエリアには30種のクジラが生息しており、ドワーフミンククジラとザトウクジラは6月から11月の冬の間に最も多く生息しています。リーフには1500種以上の魚類、17種のウミヘビ、125種のサメとエイ、5,000種の軟体動物、9種のタツノオトシゴ、411種のハードコーラル、世界のソフトコーラルの3分の1などが生息しています。