スリランカ東部州のダイビング

スリランカで最も美しいダイビングスポットは、国の北東海岸にあるトリンコマリーの沖合にあります。 それは、この地域が提供しているすべての最高のものを特徴とする、完璧で伝統的なインド洋ダイビングの場所です。特に初心者の方には、保護されたリラックスしたダイビングポイントと魅力的なマクロの海洋生物が見られるので、お勧めです。 上級者の方には、経験豊富なXRダイバーだけが到達できる素晴らしい難破船もあり、お楽しみいただけます。スリランカの東部地域でのダイビングに最適な時期である4月から9月の間に訪れてみてはいかがでしょうか。透明度は抜群で、ワレメジロザメを見ることができるかもしれません。 トリンコマリーにはスリランカで最も美しいビーチがあります。比較的混雑しておらず、とてもきれいで、ほとんどの場所で何百メートルも歩いて行けるので、海水浴には最適です。 第二次世界大戦から2000年代後半までの紛争の影響で、観光地として最適なこの地域には、外国人観光客があまり訪れていませんでした。スリランカ政府は今、外国人向けにこの地域のプロモーションに力を入れています。綺麗な砂の原始的なビーチ、ラグーン、古い砦、美しい漁村など、群衆が降りてくる前に訪れる数少ない観光地に参加すれば、その理由がすぐに分かるでしょう。

東部州で訪問するダイビングサイト

東部州のおすすめスポット

トリンコマリー

トリンコマリー沖のエリアには、あらゆる経験レベルのダイバーが楽しめる20の素晴らしいダイビングスポットがあります。

詳しくはこちら

東部州の野生動物との出会い

このエリアにはリーフフィッシュやマクロな海洋生物の種類が豊富で、多くの場所ではそれほど深くないので、水面でもシュノーケリングだけで多くの種類を観察することができます。しかし、大型の魚もたくさんいます。ピジョン諸島やシャークポイントでは、ブラックチップリーフや他の種類のサメを見つけることができます。また、このエリアにはマンタやウミガメも多数生息しています。この地域のより深く、より遠くの地域では、クジラの目撃情報もあります。