江原道(カンウォンド)でのダイビング

江原道でのダイビングは、ソウルからの距離が近いこともあり、地元韓国のダイバーには人気がありますが、観光客にはあまり知られていません。江原道には韓国最大の山脈があり、地形のほとんどが山地です。美しいビーチや海と、そびえ立つ太白山脈とのコントラストが見事な景観を生み出しています。 江原道には、日本海と呼ばれる東海に沿って212kmの海岸線があり、ダイバーはそこを探検することができます。東海は南の海に比べて寒いので、韓国の江原道の海岸でダイビングをするには、7月と8月の夏の間が最適です。夏の間は水温が快適で、透明度も良好です。色鮮やかなウミウシ、ヒトデ、ウミウチワ、そして多くの魚類を見ることができます。 江原道でのダイビングは観光客にはあまり人気がありませんが、ハイキングのための国立公園や日光浴のための多くの美しいビーチなどの観光が発達しています。特に夏の間は、韓国人にとって休暇を過ごすのに人気のある地域です。 江原道には多くのダイビングセンターがあり、ショアダイビングとボートダイビングの両方のツアーを提供しています。

江原道で訪れたいダイビングスポット

江原道のお勧めスポット

江原道での野生動物との出会い

江原道のダイビングのハイシーズンは、水温が最も高く、透明度が最も高くなる夏から秋にかけてです。水面上の山のような地形が波の下にも続いており、ダイバーに素晴らしい体験をさせてくれます。この山のような海中風景の上を飛び回り、生命力に満ちた洞窟や鍾乳洞、初心者でも楽しめる浅い沈没船などを探索することができます。江原道の韓国の海洋生物には、様々な色のウミウシ、タコ、ブリ、ナマコ、スズメダイなどがいます。しかし、冬になって水温が下がると、高さ1mのソフトコーラルがあちこちで群生するなど、まったく新しい光景を見ることができます。