このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

HMS Maori

HMSマオリはマルタ島周辺にある第二次世界大戦の沈没船の一つですが、ボートで深く潜るものとは違い、マオリは岸から潜ることができる浅いダイビングです。マオリは砂地にあり、最大水深は16メートルです。沈船は全長約42メートルで、かなり壊れています。

詳しくはこちら

Tug 2, Sliema

Tug2は、ヴァレッタのグランドハーバーで活躍していたタグボートです。2013年6月に人工リーフを形成し、ダイバーのアトラクションにするためにスカットルされました。当初はリーフと平行に20mほど離れた砂地に沈んでいたが、2016年10月に嵐で移動し、現在は沈没船が船首からリーフに打ち付けられている。

詳しくはこちら

Bristol Beaufighter

ブリストル・ボーファイターは、マルタ島にある第二次世界大戦中の飛行機の沈没船ダイビングです。この飛行機は双発の2人乗り重戦闘機で、全長約12.6m、翼幅17.6mでした。1943年3月17日、このボーファイターは離陸後すぐに機械的な問題が発生し、乗組員は飛行機を海に捨てなければならなかった。

詳しくはこちら

MV Imperial Eagle, wreck

1945年に進水したMVインペリアル・イーグルは、マルタ沖の全長45メートルの深海沈船ダイブです。元はマルタとゴゾを結ぶフェリー船でした。1999年に人工リーフとして、また海洋保護区のスキューバダイバーのためのアトラクションとしてスカットされました。

詳しくはこちら

Zurrieq Cave

West Reef & Cavesは、Wied iz-Zurrieqの2つのリーフダイブのうちの1つで、もう1つはEast Reefです。ウェストリーフには、ドロップオフ、岩場、ガリー、岩、そして2つの洞窟があり、海草と砂地に囲まれています。

詳しくはこちら

Um el Faroud

沈船は水深が38mあるため、2ダイブで潜ることが多い。船首とファンネルの眺めが印象的。沈没船の中央には、亡くなった港湾労働者の記念プレートがある。

詳しくはこちら

Siren’s

トレーニングやトライダイビングに最適なダイブサイトで、エントリーとエキジットが簡単である。小さなリーフとフラットな砂地で、最大水深は8~10メートル、像がある。

詳しくはこちら

HMS Stubborn

1945年に進水したMVインペリアル・イーグルは、マルタ沖の長さ45mの深海沈船ダイブ。元はマルタとゴゾを結ぶフェリー船でした。1999年に人工リーフとして、また海洋保護区のスキューバダイバーのためのアトラクションとしてスカットされました。

詳しくはこちら

Ghar Lapsi

ガーラプシは、長さ40メートル以上の浅く明るい洞窟システムで、スキューバダイバーに最もよく知られています。洞窟は天井に多くの出口や亀裂があり、そこから多くの光が入るので、特に日中は洞窟の中で珊瑚の上に太陽の光が舞う美しいダイビングになります。

詳しくはこちら

Anchor Bay

アンカーベイケーブは、スコーピオンケーブとしても知られ、アンカーベイで最高のダイビングスポットです。洞窟は湾の南側、コンクリート桟橋のエントリー/エキジットポイントから約150mに位置しています。

詳しくはこちら