このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Zakamica

ダイビングで回る島。北側に壁があり、5-35mまで続く。30mに洞窟がある。初心者から上級者まで楽しめる。

詳しくはこちら

Oključna

ヴィス島の北部には、砂利が敷き詰められた石畳の道があり、そこからオクルジュチュナという廃村に向かう。

詳しくはこちら

Teti (Wreck)

1930年に沈没した砂地の底に、全長72メートルの難破船「テティ」が眠っています。この船は絵のように美しい予備のハンドルで有名で、近くにはウツボや穴子が住んでいます。

詳しくはこちら

Pokemon cave

長さ50メートルの洞窟で、深度18メートル下に入り口(と出口)があり、内部には熱水層とハロクラインがある。ハロクラインの上にある洞窟の一番奥には気泡がある。

詳しくはこちら

Žali Potok/Šekoda

プンタ・コビカの岬からそう遠くない西に、崖が急傾斜している2つのダイビングスポットがある。どちらも水中岩の同じ場所にあるが、違った魅力がある。水深20~25メートルの浅い場所は、Žali Potokと呼ばれている。右手を壁につけて潜る。

詳しくはこちら

Ploce

壁にはいくつもの洞窟がある。最も深く大きなものは28メートルから始まり、70メートルほどの長さがある。初心者から上級者まですべてのレベルのダイバーに適している。

詳しくはこちら

Outer Pinnacle

ヴァシリオス沈船の近くにある巨大なピナクル。6mのプラトーから始まり、20mまで傾斜があり、その後、50m以上の垂直の壁に変わる。

詳しくはこちら

Gaće

深さ10メートル(20〜25メートルまで下る)で壁に変わる斜面には、深さの異なる洞窟がいくつかあり、そのうちのひとつは三廊式の建物のようだ。

詳しくはこちら

Vassilios T., wreck

1939年3月、石炭を積んでベニスに向かっていたこの船の舵が故障し、ヴァシリオス号はその後沈没しました。この105mの巨大な船は現在、左舷の砂地に沈んでいます。かつて石炭でいっぱいだった船体は、今では空っぽになっています。この難破船は水深20~55メートルに位置しています。

詳しくはこちら

Punta od covika

急傾斜の壁は水面下でも続き、岬の延長線上には特徴的なこぶがあり、その端は海岸から約50m離れている。壁は水深50m以下に下がり、最も深いピークは海面下約45mである。

詳しくはこちら