このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

St.John’s Island (Zabargad) East

セントジョンズ島には6つのダイビングスポットがあります。健全なハードコーラルとソフトコーラル、そして活発な潮流の組み合わせで、これらのスポットは大型の海洋生物が生息しています。メインのリーフは水深9m前後から始まり、ドロップオフに到達するまで深く傾斜しています。

詳しくはこちら

Sataya Reef South

シャブサタヤは、南シナ海で最も有名なドルフィンリーフで、全長約5kmのリーフ海では最も大きなリーフの一つです。東側のラグーンにはハシナガイルカがいます。その南側は、リーフの中で最も美しいハードコーラルガーデンで、浅い台地の最後にドロップオフがあり、そこでダイビングをします。

詳しくはこちら

Gota Sataya

サテラグーンから15分、北側に位置するこのダイブサイトは、リーフの北側に6つのエルグがあり、水深22mから水面まで上がる。

詳しくはこちら

Malahi Reef

フューリーショールズのハイライトダイブサイト。(マラヒ)とは遊び場のリーフという意味で、多くのピナクルや素晴らしい渓谷、2つの小さなケーブがあります。

詳しくはこちら

Erg Abu Diab

エルグ・アブ・ディアブ。エルグはアラビア語でピナクル(尖塔)を意味し、水面から75メートルまで落ち込んだ巨大な尖塔である。

詳しくはこちら

Sha’ab Claudio

クラウディオリーフは、フューリーショールズの中で最も明るいリーフで、2つの小さなリーフからなり、南のリーフには2つの素晴らしい大きなケーブがあります。ケーブは完全に覆われているわけではなく、上から見ると穴が開いていて、光が入るようになっています。ケーブは浅瀬にあります。

詳しくはこちら

Sha’ab Maksur

シャブ・マクスールは、エルフィンストーンリーフに似た大きなリーフです。北と南の2つの台地があり、どちらもソフトコーラルとファンコーラルに覆われています。ドロップオフはリーフの両脇にある。西側のリーフの中ほどは小さなラグーンになっている。

詳しくはこちら

Abu Galawa Kebir Wreck

アブガラワ・ケビルとは、大きなラグーンという意味です。北側の方が大きく、浅いラグーンと外側のリーフ、素敵な珊瑚の庭と砂地、最後はドロップオフになる。南側のリーフには素敵な沈船があります。

詳しくはこちら

Abu Galawa Small

ガルワ・ソレイヤーとは、小さな礁湖という意味です。4つの小さな珊瑚礁があり、その間に小さな礁湖がある。西側のリーフの外側には、小さな沈船がある。

詳しくはこちら

Shaab Hamam, Fury Shoal

シャアブ・ハマムは、フューリーショールで最も美しいリーフの一つで、天国への階段とも呼ばれています。4つの小さなリーフがあり、リーフを貫くように素敵な運河があります。東側の運河は、天に向かって登っていくような素晴らしいもので、最後はソフトコーラルでいっぱいの素敵なアーチで終わります。

詳しくはこちら