スズメダイ (Damselfish)

スズメダイは、大西洋とインド太平洋の熱帯地域のサンゴ礁でよく見られる魚です。イソギンチャク科に属するこの小魚は、約250種が存在する。スズメダイの特徴は、丸みを帯びた体、細長い背びれ、そして小さく尖った尾びれだ。特に幼魚は、鮮やかな斑点で覆われていて、見ていて楽しい。

スズメダイは縄張り意識が強く、他の魚やダイバーが近づきすぎないように、サンゴ礁の狭い範囲を積極的に守っている姿がよく見られます。しかし、恐れることはありません。スズメダイの平均的な大きさはわずか15cmなので、それほど害を及ぼすことはありません。実際、スズメダイとのダイビングでは、彼らのテリトリーの近くに長く留まっていると、彼らがあなたを撃退しようとするので、ほとんど笑い話になってしまいます。スズメダイと一緒にダイビングができる場所は、下の地図でご確認ください。