Neyo Kanmathi

リーフトップは月面の風景を彷彿とさせるため、特別なダイビングになることが多い。北側は、砂地の台地の上の急な壁から普通の斜面に流れが排水されている時のスタートポイントになることが多いです。マンタが訪れるのは9月末から11月の間。

ホワイトチップリーフシャーク、ウミガメ、ナポレオン、巨大ハタなどのパーチ、バットフィッシュ、ハニーコームモレイウツボ、エビ、カニ、カタツムリ。9月~11月のマンタ。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 14 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • 壁/ドロップオフ
  • ドリフトダイビング
  • クリーニングステーション

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

after a 35min boat ride we arrive on Kottefaru Bodu Thila. From July to November you can have wonderful Manta dives and the best on it, its easy diving also with current you can easy see that amazing animals.

詳しくはこちら

エイ、ナースシャーク、カメの避難所になっている小さなオーバーハングがたくさんある素晴らしいティラです。ソフトコーラルとたくさんのイソギンチャクがいます。運河の中にあるため、常に流れがあることが予想されます。強い流れの中でのダイビング経験をお勧めします。

詳しくはこちら

コッテファル島に沿って数百メートルにわたって行われる、とても素敵なドリフトダイブ。トップのリーフはハードコーラルで構成されていて、4mから8mまで下がり、15mまで傾斜していて、その後、30m以上の壁になっていて、その上にはマンタのクリーニングステーションになっています。6月から11月の間、トップリーフではマンタのクリーニングステーションとなります。

詳しくはこちら

Kottefaru Anemone Thila

この幻想的なピナクルは、リーフの上部を覆うイソギンチャクの毛布からその名がついたものです。ティラの反対側には2つの大きなオーバーハングがあり、面白いサンゴやガラスの魚がたくさんいます。

詳しくはこちら

Kottefaru Wall

ラア環礁の南東に位置するこの壮大な壁のサイトは、約12mからスタートし、水深80m以上まで下がる面白いドリフトダイブになります。

詳しくはこちら

すべてのレベルに適したドリフトダイブです。初心者の方は、10~15mで上部のオーバーハングをドリフトで通過し、経験者の方は25mの少し深いところでオーバーハングを見てみましょう。比較的急なリーフは、流れがある時にはソフトコーラルに覆われています。ナイトロックス/ディープのスペシャルティをお勧めします。

詳しくはこちら

コッテファルとヴァンドゥの間の水路にある長さ約200mのティラで、北側を潜ります。45~50mまで段階的に下っていきます。オーバーハングはソフトコーラルできれいに覆われています。初心者の方は、穏やかなコンディションでのみ潜ってください。

詳しくはこちら

ヴァンドゥ島に沿って数百メートルにわたって行われる、とても素敵なドリフトダイブです。ハードコーラルでできたトップリーフは、4mから約8mまで下がり、15mまで傾斜し、その後250mの長さの壁があり、30m以上まで下がります。6月から11月までの間、トップリーフにはマンタのクリーニングステーションがあります。

詳しくはこちら

初めてのボートダイブに適した、シンプルで穏やかなダイビングポイントです。ここでは、様々な種類の魚の群れがいる大きなブロックに遭遇します。リーフは2mから11mくらいまでゆっくりと落ちていき、水深20-24mのところで台地が出てきます。

詳しくはこちら

キノラスの西端から北側に沿って小さなティラに向かって流れが流れているドリフトダイブです。リーフの上にはたくさんの魚がいて、いくつかの小さなオーバーハングはもっと深いところにあります。経験豊富なダイバーはティラまで潜りますが、初心者はオーバーハングを越えて、ゆっくりと砂地の斜面を登っていきます。

詳しくはこちら