西ソロモン諸島でのダイビング

ソロモン諸島の西部州でのダイビングは、第二次世界大戦の歴史を感じさせる素晴らしいダイビングスポットや、ハードコーラルに覆われたカラフルなサンゴ礁、驚異的なウォールダイビングなどが楽しめます。ソロモン諸島の中でも、西部州では最高のダイビングが楽しめます。ソロモン諸島でのダイビングの拠点となる島としては、ギゾ島、バングヌ島、ニュージョージア島が人気です。 ギゾ島とニュージョージア島は、第二次世界大戦の沈没船ダイバーのパラダイスです。第二次世界大戦でソロモン諸島が基地として使用されたため、何百もの沈没船が島中に点在しており、その中でも特にこの2つの島に集中しています。これらの歴史的な沈没船を探索するだけでなく、ダイバーは600メートル以上の壮大なドロップオフを楽しむことができ、そこではパトロールするリーフシャークやエキサイティングなドリフトダイビングを楽しむことができます。 ソロモン諸島のダイビングでは、世界最大の海水ラグーンであるマロヴォ・ラグーンを訪れないわけにはいきません。ラグーンのバリアー島の中で、ダイバーはソフトコーラルやハードコーラル、大きなウミウチワ、あらゆるサイズや色の何千もの魚で覆われた、カラフルで繁栄しているサンゴ礁を見つけることができます。 ソロモン諸島西部州でのダイビングは、ほとんどの島が比較的近くにあるため、移動が簡単です。それぞれの島からは、ボートで5分から40分ほどで素晴らしいダイビングスポットに行くことができます。

西部ソロモン諸島で訪れたいダイビングスポット

西ソロモン諸島のおすすめスポット

ニュージョージア島

ニュージョージア島はウェスタン州最大の島で、第二次世界大戦の歴史的なダイビングスポットがあります。

詳しくはこちら

マロヴォ・ラグーン

マロヴォ・ラグーンは世界最大の海水ラグーンで、膨大な数のリーフフィッシュ、珊瑚、遠洋生物が生息する有名なダイビングスポットです。

詳しくはこちら

ギゾ

ギゾ島は、ソロモン諸島でのダイビングの拠点として最も人気のある場所のひとつです。

詳しくはこちら

ソロモン諸島西部での野生動物との出会い

ソロモン諸島西部州の手つかずのサンゴ礁と第二次世界大戦で破壊された沈没船は、多様な海洋魚と色鮮やかなマクロ生物の生息地となっています。ソロモン諸島の海洋生物には、約500種のハードコーラルとソフトコーラル、数千種のリーフフィッシュ、イルカ、エイ、サメ、そして世界に7種しかないウミガメのうち6種が含まれています。一般的なサメとしては、ハンマーヘッド、グレイシャーク、ブラックチップシャーク、ホワイトチップリーフシャークなどが挙げられます。マクロ生物では、ピグミーシーホース、ウミウシ、オニダルマオコゼ、ゴーストパイプフィッシュ、鮮やかなアネモネフィッシュ、トゲウオ、ヒメダカなどが見られます。他にも、ギンガメアジの群れ、バラクーダ、マンタ、時にはジンベイザメなど、ソロモン諸島の海洋生物は刺激的です。