プエルトリコでのダイビング

プエルトリコは、カリブ海の中央部、フロリダの南東1200マイルに位置する米国の非法人領土です。プエルトリコの風景は、山、滝、有名なエル・ユンケ熱帯雨林に満ちています。その海岸線は、シュノーケリングやダイビングに最適な数十の小島、湾、白砂のビーチで構成されています。この島は2017年にハリケーン・マリアによって壊滅的な被害を受けましたが、大幅に復活し、ダイバーがその海に戻る準備ができています。プエルトリコでは、年間を通して暖かい水の中でのダイビングが可能で、気温が80度F(27℃)を下回ることはほとんどなく、気温は夏季と冬季で平均75~92度F(24~33℃)と、暖かいものから暑いものまで様々です。ただし、5月から10月までのハリケーンシーズンには、プエルトリコへの旅行は避けた方が良いでしょう。サンファンは首都であり、国際空港がある場所でもあり、アメリカ全土や多くの国から毎日直行便が出ており、アクセスが容易です。

プエルトリコのダイビングスポット

プエルトリコのおすすめスポット

プエルトリコの野生動物との出会い

プエルトリコは一年のほとんどの期間、視界が良く、ダイビング中に豊富な海洋生物を見ることができる。よく見られる魚種には、クイーンエンジェルフィッシュ、フレンチエンジェルフィッシュ、グレーエンジェルフィッシュ、バタフライフィッシュ、トランペットフィッシュ、ウツボ、ドラムフィッシュ、パロットフィッシュ、トリガーフィッシュなどがあります。また、ホッキ貝、イカ、ロブスター、カニなども多く見られます。ウミガメはここの水域に多く生息しており、夏の間は岩礁の間を泳ぎ、陸に上がって巣を作ります。ここで見られるウミガメの種類には、アオウミガメ、オサガメ、ホークスビルウミガメなどがあります。また、たくさんのエイやさまざまな種類のサメを見ることができます。ファハルド沖のラグナグランデ自然保護区にある生物発光湾でのナイトダイビングやシュノーケリングは見逃せない体験です。ここは世界でも数少ない場所の一つで、生物発光性のプランクトンがとても密集していて、水がエレクトリックブルーに光っている場所です。