半島マレーシアでのダイビング

人里離れた場所に出て、西マレーシアとしても知られる半島マレーシアを探索してみませんか。この地域は国の総面積の40%を占め、マラッカ海峡と南シナ海に面しています。西海岸、東海岸、南部をカバーしており、多くの自然保護区や観光客向けのビーチがあります。マレーシア最大の国立公園はこのエリアに位置しています。その最も重要なダイビングサイトのいくつかは、他の人の間で、チオマン、レダン島、ランカウイが含まれています。マレーシアの海洋生物は多様で、クジラ、サメ、ウミガメ、マンダリンドラゴネット、アジアアロワナ、ハンパラバーブ、グリーンタイガーローチなどのユニークな在来魚などが生息しています。第二次世界大戦の難破船もあり、探検することができます。最も豪華なプライベートアイランドから、最も低価格なリゾートまで、あなたの滞在のための様々なオプションを見つけることができます。壮大なサンゴ礁と透明度の高いクリスタルの海は、シュノーケリングやスキューバダイビングに最適なユニークで好ましい場所となっています。贅沢な時間を過ごしたい方には、ラワ島、カップルに最適なサンゴ礁のプライベートアイランドを訪れることができます。また、博物館やモニュメントがなく、ハイキングとスキューバダイビングが主なアトラクションとなっている家族向けの2つの島、ペルヘンティアン諸島もぜひ訪れてみてください。

半島マレーシアで訪問するダイビングサイト

半島マレーシアのおすすめスポット

ティオマン島

ティオマン島は、多くのシュノーケリング愛好家やダイバーに好まれる目的地であり、様々な異なるダイビングスポットを提供しています。

詳しくはこちら

テンゴル島

テレンガヌの沖合に位置するテンゴル島は、マレーシアで最も美しい島の一つであり、ダイビングスポットの広い範囲を提供しています。

詳しくはこちら

ペルヘンティアしょとう

ペルヘンティアン諸島は、家族連れ、シュノーケラー、ダイバーに人気の旅行先で、アオウミガメやタカベウミガメの生息地でもあります。

詳しくはこちら

レダン島

レダンは海洋保護区公園の一部であり、すべてのレベルのダイバーのための完璧な場所です。

詳しくはこちら

ランカウイ

ランカウイ島は、西マレーシアの99の島々からなる群島で、熱帯の生物が生息する広大な範囲を提供しています。

詳しくはこちら

半島マレーシアの野生動物との出会い

暖かく透き通った海と熱帯の海洋生物が半島マレーシアを特徴づけています。この種の目撃情報は主に3月から5月に期待できますが、ダイビングに最適な条件は一年中見つけることができます。透明度は平均して水深40メートル(131フィート)です。半島マレーシアの島々には、オールドオールドウミガメやリーフシャークも頻繁に巣を作っています。この地域は第二次世界大戦中に重要な場所であり、その結果、多くの沈没船がこの海域を拠点にしており、ダイバーのレベルに関係なく探検することができます。