押琴でのダイビング

押上のダイビングはすべて内陸で行われるため、ドロマイト洞窟が崩壊してできた大きな陥没湖で行われ、他に類を見ないダイビングスポットとなっています。そのため、混雑していないダイビングポイントを見つけることができます。単純に見逃せないダイビングスポットは、オシコト湖、ギナス湖、ハラシブ湖、ドラゴンズブレスです。オシコトはナミビアにある2つの永久天然湖のうちの1つであるオジコト湖にちなんで名付けられたもので、ナミビアの14の地域のうちの1つに過ぎません。もう一つの恒久的な自然湖はギナス湖で、これは水深130メートル(426.5フィート)に達する陥没湖です。ダイビングに最適な時期は4月から11月です。この地域には、黒、青、緑、黄、白などの様々な色を持つ絶滅危惧種の魚であるティラピア・ギナサナとしても知られるオシコト・ティラピアのようないくつかの固有種の魚が生息しています。押琴の海は透明度が高く、平均気温も良好。水中洞窟やスイムスルーを探検することができます。この地域はテクニカルダイバーやスリリングな体験を楽しみたい旅行者に最適です。

押琴で訪れるべきダイビングポイント

押琴のおすすめスポット

忍たまの野生動物との出会い

押琴でのダイビングでは、この地域にしか生息していない希少種のティラピア・ギナサナを見つけることができます。他にも、湖の明るい水の中に生息しているクラリアス・キャベルニコラや、数が少なくても見られるドワーフウミウシやシュードクレノラブス・フィランダーディスペルサスなどの珍しい魚種も見られます。この青い海でスキューバダイビングをすると、第一次世界大戦中に投棄された大砲の破片や400箱以上の弾薬箱、その他の戦争資料の宝庫を見ることができ、世界的に有名な水中博物館となっています。