モンバサでのダイビング

ケニアの海岸の南部に位置するモンバサは、ケニアで最も人気のあるダイビングを見つけることができる賑やかな街です。ダイアンニビーチの南側にあるいくつかのダイビングセンターを含め、このエリアにあるダイビングセンターの大半はここにあります。モンバサのほとんどのダイビングセンターでは、毎日2タンクダイブ、ナイトダイブ、沈船ダイビングのアドベンチャーを提供しています。この地域には3つの国立海洋保護区があります。モンバサ海洋公園(Mombasa Marine Park)、ダイアンニ・チャレ海洋国立保護区(Diani Chale Marine National Reserve)、キサイト・ムプングチ海洋公園(Kisite Mpunguti Marine Park)です。これら3つの壮大な海洋保護区の卓越した美しさとユニークさにより、ケニアの南海岸は世界的に認められたダイビングスポットとなっています。初心者も経験者も、これらの美しくカラフルな海を楽しむことができます。 モンバサでのダイビングは、簡単に浅く潜れて、視界も良く、すべてのエントリーコースに最適です。もっと冒険をお探しですか?ケニアのダイビングスポットには、強い潮流が特徴のディープダイブもあり、経験豊富なダイバーに適しています。人工リーフとして意図的に沈められたノルウェーの貨物船MVダニア号のおかげで、沈船ダイバーもモンバサダイビングを楽しむことができます。ほとんどのダイブセンターはホテルの中にあり、ダイブボートはビーチから直接出航します。モンバサの最高のダイビングスポットに行くには、通常20~30分かかります。

モンバサのダイビングスポット

モンバサのおすすめスポット

キシテ

キシテは「イルカの故郷」として知られており、32メートルの強流まで下るサンゴ礁が印象的です。

詳しくはこちら

モンバサの野生動物との出会い

壮大なビーチに囲まれたモンバサのダイビングスポットは、ケニアで最も忙しい沖合の保護区のいくつかです。マングローブ、サンゴ礁、海草藻場が保護されており、ケニアの海洋生物の生息地となっています。様々な形、色、大きさの海綿類が点在する健康なサンゴ礁に驚かされることでしょう。これらのサンゴ礁には、スズメダイ、アオダイ、フュージュラー、サージョンフィッシュなど、インド洋に生息する360種の魚が生息しています。大型の魚にはバラクーダやナポレオンラスなどがいます。モンバサの海洋公園には、5種のウミガメ、3種のイルカ、そして7月から10月にかけて回遊するザトウクジラが生息しています。ジンベエザメは11月から2月にかけてキサイト海洋公園にも出現します。