フランスでのダイビング

いわゆる「スキューバダイビングの父」と呼ばれるジャック・クストーはボルドーで生まれ、フランスは洞窟ダイビングの名所が多いことでダイビング愛好家や水中写真家の間でも知られています。 フランスの法律では、スキューバダイビングセンターは完全にダイバーに責任があります。ダイビングはフランスのスポーツ法によって管理されているため、ダイブディレクターと呼ばれるダイビングをリードする人は、その間に発生したことに責任を持っています。

フランスは地中海から英仏海峡、北海、ライン川から大西洋へと広がっています。ロマンチックな首都と美食で有名なフランスでは、冷たい海、穏やかな波、素晴らしい海中の風景に囲まれて、面白いダイビングを楽しむことができます。 3つの海を誇るこの国では、それぞれの地域で様々なレベルのダイビングを楽しむことができます。北部の冷たい海で沈船ダイビングをしてみてはいかがでしょうか。 また、フレンチ・リベラの手つかずのままの暖かい海では、視界が30mまで、時には40mまで見えることもあります。

フランスの実情

C, E

電源プラグの種類

BOD, LYS, MRS, NCE, CDG, ORY

空港

EUR

通貨

fr

言語

230 V / 50 Hz

電気

UTC+01:00

タイムゾーン

Lliad/FREE Mobile, Orange

ネットワークプロバイダー

フランスでの野生動物との出会い

フランスのおすすめスポット

コルシカ

コルシカ島は、透明度が高く、視界が30mもある素晴らしいダイビングスポットです。

詳しくはこちら

南フランスは、クストーが最初にこの有名なアクアラングの実験を行った魅力的な暖かい海で知られています。

詳しくはこちら

ノルマンディー

歴史的な沈船ダイビングが好きなら、ノルマンディーでのスキューバダイビングは欠かせません。

詳しくはこちら

プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール

フランスで最高のスキューバ・ダイビングができるのは、フランスの南海岸、正式にはアルプ・コート・ダジュール県として知られるフレンチ・リヴィエラ沿いです。

詳しくはこちら

フランスで訪問するダイビングサイト