ベイルートでのダイビング

レバノンの首都であり、商業の中心地でもあるベイルート。ナイトライフ、文化施設、レストラン、コーヒーショップなど、昼も夜も活気に満ちた街です。ベイルートの代表的なエリアとしては、歩行者天国のベイルート中央地区、ハムラ通り、サンジョルジュ湾、コルニッシュ、ラウシェ、ゲムマイゼなどがあります。世界で最も美しく手つかずのままの海の一つである地中海に潜ることができます。ベイルートは、海洋生物の多様性と難破船でダイバーの間で有名です。スキューバダイビングは、サンドシャークやグレイシャークなどの多くの異なる種類のサメを見ることができる7月と8月がお勧めです。夏の平均気温は30度で、水深35メートル(114.8フィート)まで視界が開けています。この地域では水生スポーツが盛んで、最も人気があるのはテクニカルダイビングです。この地域では、一年中暖かい海があるため、ダイビングが好まれています。海では、マグロエイ、ハタ、ワシエイ、ウミウシなどに出会うことができます。探検中には、水中彫刻を見たり、洞窟やスイムスルーを探検したりすることもできます。

ベイルートのダイビングスポット

ベイルートのおすすめスポット

ベイルートの野生動物との出会い

ベイルートの海では、ハタ、アカエイ、ウツボ、侵略的なライオンフィッシュなどが頻繁に遭遇します。時折、幸運なダイバーの中には、特に夏の間、オグロメジロザメやサンドシャークがやってくるのを見ることができます。他にも、マンタ、ウミウシ、マグロ、ワシエイ、ハタなどが見られるかもしれません。エイは、主に7月から8月にかけて、電気エイやソーンバックエイなど、様々なエイがエイの横丁で見られます。また、クラゲも見られることがあるので注意が必要です。海洋種の多様性とは別に、大きな難破船が水中の美しい光景を作り出しています。