南連邦区でのダイビング

カバルディノ・バルカリア共和国は、ロシアでスキューバダイビングをしようと思ったときに、最初に思いつく場所ではないかもしれませんが、この地域には多くの水路があります。ロシアの南西端に位置するカバルディノ・バルカリア共和国は、アゾフ海、黒海、そして多くの深い湖に囲まれています。 深くて澄んだ淡水のカルスト湖には、経験豊富な洞窟ダイバーをもうならせる広大な水中洞窟システムがあります。これらの水中の宝石は、高くそびえ立つコーカサス山脈の中にあります。多くの湖の岩の多い水中の地形は、様々な時代の難破船の保存状態が良い場所です。 山岳地帯から下りてくると、ロシアの黒海やアゾフ海でのダイビングが楽しめます。その中でも、クリミア半島は海水のダイビングスポットとしては最高の場所です。三方を海に囲まれたクリミアでのダイビングは、刺激的で変化に富んでいます。温暖な黒海では、様々な種類の藻類、水中の人工物、難破船、シロハラアザラシやバンドウイルカなどの海洋哺乳類を見ることができます。

サウス・フェデラル・ディストリクトで訪れるべきダイビングスポット

サウス・フェデラル・ディストリクトのお勧めスポット

南連邦の野生動物との出会い

コーカサス山脈の湖に潜って見られる淡水生物は、この地域の典型的なものです。湖にはグラスコイ、コイ、トラウトなどが生息しています。下部ブルー湖(ツェリクケル)では、ガマルスしか見られない。黒海でのダイビングでは、地中海と同じような海洋生物に出会えます。黒海とアゾフ海は塩分濃度が低いため、ウニ、ヒトデ、サンゴ、カイメン、ホヤ、脱塩水に慣れた魚などの固有種が見られます。黒海では、ダイバーはイルカ、ネコザメ、2種類のエイ、ロックフィッシュ、クロダイ、ボラ、ドジョウ、アオダイショウ、ヒラメなども見ることができます。