慶尚南道(キョンサンナムド)でのダイビング

慶尚南道は、朝鮮半島の東南端に位置し、釜山と蔚山という2つの都市が隣接しています。この地域は日本に近いため、日本との戦争に関連した史跡が多く残っています。ギザギザの海岸線は東シナ海に面しており、大小500以上の島々で構成されています。慶尚南道でのダイビングは、世界でも類を見ない海中風景を楽しむことができます。 慶尚南道の南西端には南海海岸があり、そこには小白山脈が陸から海に向かって伸びています。深い峡谷と高いピナクル(尖塔)の水中地形を探索することで、ユニークなダイビング体験ができます。 慶尚南道でのダイビングは、ほとんどが漢拏山(ハルラサン)国立公園内で行われます。この国立公園は慶尚南道の海岸地域の大部分を占めており、韓国で唯一の海洋国立公園に指定されています。この国立公園は、韓国で唯一の海洋国立公園に指定されており、透明度が高く、海洋生物が豊富に生息しているため、ダイビングに適しています。

Gyeongsangnam-doで訪れるべきダイビングサイト

慶尚南道のお勧めスポット

慶尚南道での野生動物との出会い

慶尚南道地域には、韓国の素晴らしい海洋生物が生息しています。500以上の大小の島があるため、水中の地形は広大で、砂地、岩場、急な斜面、興味深い洞窟など、多くの海洋生物の生息地となっています。暖流と寒流が交互に流れているユニークな組み合わせのおかげで、種の多様性は非常に高くなっています。 ライアンフィッシュ、アカエイ、シーホース、カニ、スズメダイ、イカ、タコ、ウミウシ、そして時にはイルカなど、多くの生物を見ることができます。