極東連邦管区でのダイビング

極東ロシアでのダイビングは、大いなる冒険であり、熱心なダイバーを興奮させるに違いありません。沿海地方でのダイビングは一般的ですが、モスクワから遠く離れているため、観光客の数は少ないのが実情です。日本海に面した海岸にはいくつかのダイブセンターと名前の付いたサイトがあり、ロシアの他の地域に比べて温暖な気候を楽しむことができます。 さらに北上すると、オホーツク海とベーリング海に囲まれたカムチャッカ半島があり、ここでも極東ロシアでのダイビングを楽しむことができます。リング・オブ・ファイアの一部であるカムチャッカ半島には、300の火山があり、そのうち29の火山は現在も活動中です。カムチャッカでのダイビングのほとんどは太平洋岸で行われ、小さな魚から大きなクジラまで、400種もの海洋生物を見ることができます。 半島の反対側には、オホーツク海があります。オホーツク海でのダイビングは、気の弱い人にはできません。1年のほとんどが凍てつくような寒さの中、2月から3月にかけてこの凍てついた海が解け始め、この北の極寒の海でしか見られないユニークな海洋性のウミウシ、美しく神秘的なウミエンゼルを見ることができる唯一の時期となります。

極東連邦管区で訪れたいダイビングスポット

極東連邦管区のお勧めスポット

極東連邦管区での野生動物との出会い

極東ロシアの海は凍てつくような寒さですが、この地域にはロシアの中でも最も多様な海洋生物が生息しています。極東ロシアでのダイビングでは、寒い北極海や北太平洋の典型的な生物に出会うことができます。魚類、大型棘皮動物、タラバガニ、オットセイ、アシカなどがよく見られます。また、マッコウクジラ、イワシクジラ、ナガスクジラ、ザトウクジラ、シャチ、イルカなど、さまざまなクジラ類も生息しています。しかし、最もユニークなロシアの海洋生物との出会いは、シーエンジェル(別名:ウミチョウ、クリオネ)です。この海洋性ウミウシは、春の終わりから夏の間だけ水面近くを飛び回り、世界中のダイバーを魅了します。