このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Skimin’s Reef

25~40フィート(7~12メートル)から60~80フィート(18~24メートル)まで、少なくとも半マイルは続く美しい長い岩棚だ。アーチが多い。2008年、ダイヤモンド・ヘッド沖でUSCGの訓練中に事故死したデイブ・スキミン1等海佐にちなんで名づけられた。この事故の直後、この場所は「発見」され、彼の名前が付けられた。

詳しくはこちら

Palea Point

100ftのウォールセクションと40ftのリーフがあるプレミア東側ドリフトダイブ。東風が弱く、小さな南うねりがあるときのみ利用できる。めったに潜れない。通常、100ft以上/30m以上の視界があり、近くに流れはない。

詳しくはこちら

Hanauma Bay

ハナウマ湾はオアフ島で最も人気のある自然保護区で、ビーチで一日を過ごすだけでなく、シュノーケリングや初心者ダイバー、経験豊富なダイバーにもお勧めの場所です。ハナウマ湾にはたくさんの生物が生息しており、ボートは禁止されているため、水は穏やかで保護されています。

詳しくはこちら

Fish Garden

フィッシュガーデンは、スピッティングケーブとシーケーブの間にあるウォールダイブだ。このエリアは海の崖からのドロップオフがとても急で、60~90フィートから傾斜がある。大きな岩場もある。

詳しくはこちら

Spitting Cave

スピッティングケイブは、オアフ島で最もエキサイティングでディープなダイビングの一つで、ボートでのみアクセスできます。このダイビングは、約50フィートから始まり、溶岩の中に彫られた自然の洞窟で140フィートまで下がるので、より上級者向けです。流れもかなり強いので、ドリフトダイブと考えられています。

詳しくはこちら

Rabbit Island

ラビットアイランドは実際にはマナナ島と呼ばれているが、見た目はウサギのようで、実際に25'から60'のドロップオフがあるこのエリアでの典型的なダイビングは、本当はNEか、ヤギ島の愛称で呼ばれるこのサイトの2つの島のうち、カオヒカイプと呼ばれる小さい方の島だ。係留施設がないので、すべてドリフトダイビングとなる。

詳しくはこちら

Koko Craters

カイボートマリーナからボートで10分ほどのところに、オアフ島のココ・クレーター・ダイブサイトがあります。トップサイドからのココヘッドの山の眺めは忘れられないものです。初心者の方にもおすすめのダイビングスポットです。

詳しくはこちら

Split Rock

120-160フィート。ディープダイビング(ディープダイビング)は、ディープなトレーニングや器材を必要とする上級者向けのダイビングサイトである。110ftから130ftの壁が135ftから160ftに落ちる。ドリフトダイビング。巨大な岩の割れ目からこの名前がついた。

詳しくはこちら

Manana Island

ウサギのように見えるのがマナナ島だ。しかし、「ウサギ」島への一般的なツアーは、実際には近くのカオヒカイプ(ヤギ)島の北東に潜る。実際のラビットアイランドでのダイビングは、90フィートまで落ちる東面の急な壁を潜る。底には大きなガレ場がある(貝がよく取れる)。

詳しくはこちら

Turtle Canyon (East)

タートル・キャニオンは初心者向けのダイビングスポットで、最大水深は40フィートと浅く、1年中いつでも透明度の高いダイビングを楽しむことができます。時折、穏やかな流れから強い流れが来ることもありますが、通常はほとんど流れはありません。係留設備があるので、昇降は簡単です。

詳しくはこちら