このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

このダイビングサイトはムフシ島の近くにあり、上級者やディープ認定ダイバー向けで、トップリーフは18~20mから始まり、ピナクル自体は細長いです。

詳しくはこちら

ムーフシ・カンドゥはモルディブの中でもグレイリーフシャーク、マンタ、マダラトビエイ、その他の大物を観察するのに最適な水路の一つです。チャネルの入り口は水深40mから50mである。潮流が穏やかな時のみ渡ることができる。

詳しくはこちら

Bojaha Madi (Moofushi Rock)

ムフシマンタポイントとしても知られているこのスポットは、12月から4月までマンタが見られる素晴らしいスポットです。リーフウォールに沿ってドリフトしながらダイビングを楽しむことができます。

詳しくはこちら

Maalhos Thila

また、青の洞窟として知られている、このティラのダイビングサイトは、青と紫のソフトコーラルの驚くべき配列で有名です。名前は、簡単に内部を泳ぐことができ、周りを見回すことができる大きなオーバーハングに由来しています。

詳しくはこちら

Hohola Thila

ホホラ・ティラは小さなティラですが、驚くほど豊かな水中生物が生息しています。見どころは青、赤、オレンジのカエルアンコウで、リーフトップを泳ぐ姿を見ることも珍しくありません。ビデオを準備しておいてください。また、このリーフでは他にもたくさんの面白いものを発見することができます。

詳しくはこちら

Fesdhoo Wreck & Thila

このダイビングポイントは、フェスドゥ島の郊外に位置し、小さなティラ(ピナクル)の隣にある沈船を体現しています。このサイトはナイトロックスダイバーに適しています。

詳しくはこちら

ブラロギのリーフ、有人島を囲む。潮の流れによって、珊瑚や魚がたくさんいる洞窟のある壁を右か左へ進みます。

詳しくはこちら

フィッシュヘッド・ティラは以前、オグロメジロザメの大群で知られていました。今は運と潮の流れ次第で見ることができます。リーフプレートは水深10mくらいから始まり、流れがあることもあります。速い潜降が必要です。

詳しくはこちら

Aiyabe Thila (Hollywood)

この地域のベストダイビングサイトの一つで、ほとんどすべてのものを提供しています。トップリーフは5メートルで、安全停止に最適です。大きなオーバーハングには、素晴らしいサンゴの生物、魚の群れ、それを狙う捕食者がいます。流れがある場合、ネガティブディセントが必要です。

詳しくはこちら

Maaya Thila, North Ari Atoll

かつてこのダイビングサイトは、世界のベスト10に入っていました。この評価を受けて、多くのダイバーが特に夜間にこのサイトを潜りました。このティラのトップのダメージ(ダイバーエラー)はひどいものですが、12mからは許容範囲です。夜には多くのジャイアント・トレバリーといくつかのホワイトチップが狩りをしています。

詳しくはこちら