このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Cross Over

クロスオーバーは、グアドループの新人SSIインストラクター養成専門のダイビングサイトです。水深5メートルのフラットなダイビングサイトで、砂地があり、季節によってはヒトデがたくさんいますが、ダイビングインストラクター候補に興味津々の魚やアオウミガメもいます。

詳しくはこちら

Epave Franjack, wreck

この砂時計型の水深50mの貨物船は1958年にデンマークで建造されました。コペンハーゲンに向けて航海し、70年代にはラ・ロシェルに向けて航海しました。Franjackはキールの上に平たく、砂地の底に24mで横たわっていますが、前方のキャビンが崩れている以外は、一般的に良好な状態です。

詳しくはこちら

PETIT MALENDURE

浅い場所ですが、魚の稚魚が豊富で、砂地をさまようカニや、オープンウォーターではウツボやフエダイなどが見られます。観察していれば、運が良ければバラクーダが通り過ぎるのを見ることができるかもしれません。時間をかけて周りを見渡せば、たくさんの小さな生き物を見つけることができます。

詳しくはこちら

Pointe Malendure

マレンデュールの真珠。現地のインストラクターにこのサイトの名前を言うだけで、彼らの目の中の炎を見ることができます。日本庭園やアンセ・ネグレス方面へのドリフトダイブにすることも可能です。

詳しくはこちら

Epave du Gustavia (Wreck)

この49m×7.50mの砂時計型貨物船は1953年にGEOCEANIQUEの名で進水し、1982年にGUSTAVIAと改名された。徹底的な清掃の後、1991年にブイヤランテのマレンデュール岩から約1マイルのところに人工岩礁として沈められ、沈没船は40メートルの砂底に直立している。

詳しくはこちら

Anse Négresse

動物相と植物相の面で最も注目すべき場所の一つで、ピエゴン諸島の予想をはるかに超えています。岩の下に隠れているのは、幼魚のパンクナイツやイカです。このダイビングは6mから始まり、日本庭園のサイトの方向に13mまで下降します。

詳しくはこちら

Bouée Anticyclonique

ブーエ・アンティシクロニックは、グアドループ国立公園のTHEドロップオフです。深さ10mから45mの落差があるので、高所恐怖症の方も安心してください。モンセラット火山からの様々な温泉もここにあります。ナイトロックスの使用をお勧めします。

詳しくはこちら

La Piscine

このサイトに到着したときにあなたが飛び出すのは、透き通った水といたるところにあるターコイズブルーです。美しい浅い砂地があなたを迎えてくれます。3つの可能なコースが同じ場所から始まる、それがこのサイトについての魔法のようなものです。

詳しくはこちら

Pigeon Island

数メートルの台地でのダイビングはもちろん、40メートルゾーンまでの急なドロップオフもあり、ベーシックダイバーからディープダイビングに特化したダイバーまで、どなたにも対応できるダイビングサイトです。

詳しくはこちら

Pointe Carangue

カランゲポイントは、2つのダイブサイトの間に位置しています。スイミングプールまたはコーラルガーデンのサイトからアクセスでき、平均10~30mです。流れは中程度から強いものがあります。強い時は地面に寝そべって、大きな目をしたジャックフィッシュブルームを観察することをお勧めします。

詳しくはこちら