このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Furana North

このダイブサイトは、12mから30mまでの水中マウントであるティラもある古典的なチャネルダイブサイトです。通常アウトサイドのリーフでジャンプし、左肩をドリフトさせながらチャネルに入ります。約20m進むとティラに到着します。

詳しくはこちら

Maagiri

説明マアジリーフは広大な面積を持ち、様々な深度下にあるいくつかのサンゴの塊、小さなドロップオフ、砂地の斜面から構成されている。最も浅いリーフトップは約2mから始まり、最大深度は約32mである。このため、あらゆるレベルのダイバーにとってエキサイティングなダイビングスポットとなっている。

詳しくはこちら

Banana Reef - Fee Gaa Giri

伝説のバナナリーフ!このリーフは大きく、バナナの形をしており、ケーブやオーバーハングがあります。リーフトップは3~8メートルで、そこから30メートル以上まで落ち込んでいます。

詳しくはこちら

Lankan Caves

常に流れがあるクールなドリフトダイブです。マンタポイントの近くか、流れが弱い場合は、水路の入り口から直接スタートします。ケーブは、12mから30mの範囲にあるオーバーハングになっています。経験豊富なダイバーは、流れの真ん中に深い鼻があります。

詳しくはこちら

Lankan Manta Point

マーレ方面のドニ号で90分で着く。クリーニングステーションはアウトリーフにあり、流れは中程度から強い。5月から11月の間は、クリーニングステーションでマンタを見ることができる。

詳しくはこちら

Lankan Beyru

ランカンはマンタのクリーニングステーションで、スキューバダイバーが訪れると、モルディブ旅行のハイライトのひとつであるマンタショーを見ることができます。

詳しくはこちら

Nassimo Thila

おそらく、パラダイスロックやバージンリーフとも呼ばれる、北マーレエリア全体の中でも最高のティラの一つでしょう。ティラの北側には、美しい珊瑚やウミウチワと一緒に、メインの魚がいるいくつかのピナクルがあります。流れが強いので、経験豊富なダイバーにとっては素晴らしいダイビングとなります。

詳しくはこちら

Lankan Faru

全てのレベルのダイバーにお勧めのドリフトダイブです。マンタのシーズンが終わると、他の素晴らしい生物を見るためにここでダイビングをします。リーフは5~30mほど下に傾斜していて、底の深いところではサメやアカエイが砂地で見られ、大きな岩ではハタタテダイやグラスフィッシュが見られます。大きな岩の中では、ハタやグラスフィッシュを見ることができます。

詳しくはこちら

Madi Miyaru Kanmathi / Tigershark Point

フルマーレ」港外、フェリー入口の北側。

詳しくはこちら

Madi Miyaru Kanmathi

フルマーレ桟橋から5分、広大なリーフがある。リーフから離れるほど深くなる。このダイブサイトは通常流れがない。ボートの往来が多いので、浮上するときはSMBを使うこと。

詳しくはこちら