このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Lang Khaai Bay

島の東側、タノテ湾のすぐ南にある小さな湾。このダイブサイトへはタオ島の西側からボートで約1時間、またはビーチから直接ショアダイブすることもできる。

詳しくはこちら

Hin Ngam

ヒムンンガムはタオ島の南東海岸に位置し、シュノーケリングやダイビングのホットスポットであるアオウレックに向かう途中にあります。ヒムンンガムは保護されていて、湾の周りをフリンジリーフが走っています。ダイビングサイトの最大水深は12メートルで、砂地の底があるので、初心者や学生ダイバーには理想的です。

詳しくはこちら

タオ島の東海岸にある湾のダイブサイトです。時期によっては西風が強くなり、タオ島の西側にある主要なダイブサイトで潜れなくなる場合でも、東側のダイブサイトは島影になるために、波もなく、穏やかで安定した環境でダイビングする事ができます。このダイブサイトにはサンゴの群生しているエリアや、人工的な魚礁も設置されて居て、様々な種類の魚や生物を見る事ができます。深度も比較的に浅く、砂地の広がる、落ち着いたダイブサイトです。

詳しくはこちら

タノテ湾は、タオ島の東海岸にある美しいダイビングスポットです。リーフは海岸から始まり、湾全体に広がっています。リーフの端は水深8~15mにあります。水深18mの沈船カタマランの他に、タノテベイには様々な人工リーフや小さな洞窟があります。

詳しくはこちら

タオ島の南端の沖にある離れ小島がシャークアイランドです。島の両側でダイビングする事ができますが、比較的、流れがある場合も多く、中級者以上のダイバーにオススメです。島から沖に向かって徐々に深度は深くなりますが、島沿いに潜れば深度15M〜10M前後にサンゴの群生が見られたり、砂地に生息する生き物も観察する事ができます。

詳しくはこちら

Laem Thian Caves

太陽が出ていればとてもきれいです。上級者向けの少人数グループでは、20mまでの小さな洞窟を探検することができます。

詳しくはこちら

ここでのダイビングは5m~24mの間です。小さな台地と小さな峡谷がある。淵に降りると、通常は海岸に沿って北に流れる流れがかなりあります。

詳しくはこちら

マオ湾は、南側と北側の両方を探索することができます。北側には、水深15mの人工リーフがあります。また、このエリアでは大きな岩が特徴的です。

詳しくはこちら

HTMS Hanhak Sattru 312, Wreck

湾口にあるこの沈没船は、全長44.9メートル、幅7メートル、高速攻撃艦である。タイ海軍の湾岸警備艦隊に所属し、シンガポール造船エンジニアリング社によって建造された。

詳しくはこちら

Chalok Bay

チャロック湾は、白い砂と透き通った水が美しいビーチで、海水浴やシュノーケリングに最適な隠れ家的スポットです。緩やかな傾斜のサンゴ礁、沖合のビーチ、さらに深くなった湾の端には、ヒン・タア・トーと呼ばれるダイビングスポットがあり、初心者ダイバーにもよく利用されています。

詳しくはこちら