オオテンジクザメ (Nurse Shark)

謙虚で、落ち着いた生活を送っているナースシャークは、海で一緒に潜るには最もスリリングなサメとは言えないかもしれませんが、最も一般的なサメの一つです。この埃っぽい茶色の丈夫な動物は、カリブ海のサンゴ礁で非常に人気があり、主に太平洋東部、アメリカ大陸の海岸沿い、大西洋東部、アフリカ沿岸の大西洋西部に分布しています。

そのおとなしい行動にもかかわらず、ナースシャークは人間に噛まれたサメの記録で4位にランクされていますが、これは攻撃性があるからではなく、そのゆっくりとした沈着した性質から、多くのダイバーがサメを撫でようとすることを軽率に決めてしまうからです。実際には、彼らは非攻撃的であると考えられており、一般的に人間の存在に脅かされることはないため、ダイバーは素晴らしい写真撮影の機会を得ることができます。呼吸をするために泳ぎ続ける必要がなく、エラの上に水を汲み上げる能力を持っているため、動かずに海底に横たわるのが好きです。彼らは通常、リーフの底や小さな洞窟の中で休んでいるのが見られます。下の地図では、ナースシャークと一緒に潜れる世界中のダイビングスポットをご紹介しています。