モンガラカワハギ (Triggerfish)

鮮やかな色と装飾的な模様を持つこの魚は、世界の亜熱帯および熱帯地域に生息しています。鮮やかな色と装飾的な模様を持つこの魚は、世界の海の亜熱帯および熱帯地域に生息しており、インド太平洋で最も種の多様性が見られます。平均体長20~50cmのモンガラカワハギは約40種存在するが、中でもストーン・モンガラカワハギは体長1mにも達する。

印象的な線や斑点を持つことが多いので、写真家にとっては、モンガラカワハギとのダイビングは楽しいものです。サンゴ礁の底を歩き回り、小魚や甲殻類、軟体動物、ウニなどを探している姿が見られる。トリガーフィッシュは、繁殖期以外は基本的に単独で行動する。この時期は、特に攻撃的になることがあるので注意が必要です。トリガーフィッシュと一緒にダイビングができる場所は、下の地図でご確認ください。