サンディール (Sandeel)

イナゴは、イカナゴ科の小型魚類である。名前とは裏腹に、ウナギではなく、細身の魚で、鼻先が尖っていてウナギのように見えるのが特徴だ。名前の由来は、尾の先で砂に潜って外敵から逃れるというユニークな行動からきている。砂地の上に頭を出している姿を見ることができる。

サンドイールは、海洋生態系の重要な構成要素です。パフィンやアジサシなどの海鳥やネズミイルカ、スケトウダラやサバなどの魚が好んで食べています。砂に開けた穴の上でゆらゆらと揺れながら、通りかかったプランクトンを食べているサンドイール。世界中の海に生息していますが、特に北の海に多く生息しています。下の地図では、どこでサンドイールと一緒にダイビングができるかを確認することができます。