ブダイ (Parrotfish)

スズメダイの仲間は約80種あり、虹の色のほとんどが揃っています。このベラの仲間は、世界中のサンゴ礁に生息していますが、種の多様性が最も見られるのはインド太平洋地域です。世界中のほとんどの暖流サンゴ礁でブダイと一緒に潜ることができ、種類によっては単独、ペア、または大規模な群れで見ることができます。

パロットフィッシュは、常にサンゴ礁をトロールし、サンゴに付着している藻類を食べて、サンゴ礁をきれいにし、新しいサンゴのエリアを成長させる。ブダイは食べたサンゴを喉の歯で噛み砕いて排泄し、南太平洋の名物である白い砂を作ります。ブダイと一緒にダイビングができる場所は、以下のダイビングサイトマップで確認できます。