Izu Oceanic Park

東伊豆を代表するダイビングポイント。施設もしっかりしており、プールもある。夏は海水浴客やプールを利用する一般の人でも賑わう。この界隈は大昔に大室山が噴火したときの溶岩が海に流れ込み、陸から突出した岬や根を形成した地形になっているが、水中にも同じような根や岩山が多くみられその周辺をダイビングする。エントリー周辺は浅くなだらかな岩場が続くが、少し沖に向かうと砂地となり急激に深くなる。かなり広い範囲がダイビング可能エリアとなっており、地形・マクロ・大物と様々なタイプのダイビングが楽しめる。しかし流れが出ることもしばしばあり、自分の力量をよく見極めて控えめにダイビングするように心がけたい。

カエルアンコウや季節来遊漁などの珍しいマクロ生物から、砂地ではサカタザメやカスザメ、またウミガメなどの大物までが高確率で観察できる。年によってはダンゴウオなども登場する。深場では大きなソフトコーラルやそこに群れるキンギョハナダイの大きな群れなど、ダイナミックな景観も楽しめる。

保有プロ資格

保有プロ資格

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 12 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • 壁/ドロップオフ
  • スノーケリング
  • マクロスポット
  • 根、水中山

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

東伊豆を代表する人気スポット。IOPからほど近い。メインは2つのビーチポイントで、ボートダイビングも盛んである。ビーチにはスロープや手すりがありエントリー/エキジットもやりやすい。海況は穏やかなことが多く初心者から楽しめる。珍しい生物が多く見られることからフォト派ダイバーにも人気が高い。船の形をした温泉があり、ダイビング前後にスーツのままで入ることができる。

詳しくはこちら

熱海の沖合い約10km、フェリーで30分で到着できる静岡県唯一の有人離島。島に渡ったあとビーチダイビングもボートダイビングも可能。ビーチの沖には家の形の巨大な漁礁があり、夏から秋にはすさまじい数の魚があつまり圧巻である。そのさらに沖には沈船もある。またイルカが登場することが多くダイビング中に出会えることもある。

詳しくはこちら

東伊豆を代表する歴史あるダイビングポイント。東京圏からも2時間程度でアクセスでき、日帰りも可能なため特に関東ダイバーから人気のスポットとなっている。基本的にはボートダイビングオンリーで、根を潜るスタイルが基本だが、すり鉢状の地形のソーダイ根や巨大な沈船などもあり水中はバラエティに富んでいる。また冬季のみダイビング可能な「小曽我洞窟」というケーブポイントがあり、水深が最大でも7-8mのため初心者から人気のポイントとなっている。地形派や沈船ダイビングが好きなダイバーにはお薦めのポイント。

詳しくはこちら

伊豆七島で最大かつ最も本土に近い島。島の中央には活火山である三原山がある。ボートダイビングもできるが、多彩なビーチポイントを有するためビーチからのダイビングが盛んである。その中で最も人気が高いのが秋の浜である。水中も火山からの溶岩が流れ込んでおり、小型のアーチや根など複雑な地形を構成している。エントリーは岸から大きく張り出した岩場の上から飛び込む形で行い、エキジットは水中に設置されたハシゴ上のパイプを登って行う。エントリーすると溶岩地形にゴロタ石が点在し、沖に進むと砂地が現れる。場所により砂地と岩場が複雑に点在する。

詳しくはこちら

真鶴半島の西側に位置し関東圏からもかなり近い人気のポイント。ビーチエントリーもボートエントリーも可能。ビーチには天然記念物に指定されているサンゴイソギンチャクの群生地があり、その周りにクマノミをはじめとするカラフルな生物が多く見られる。ボートポイントではコンスタントにネコザメの幼魚が見られるポイントがある。

詳しくはこちら

ボートダイビングポイントの安良里のビーチとしてオープンしたポイント。黄金崎公園の中にあり、季節によって様々な花が楽しめる。EN/EXはスロープと手すりがあり大変やりやすい。エントリーすると水深数mまではゴロタが広がり、その先は一面の砂地となる。砂地には人工的に沈められた岩などいくつか生物の着きやすい場所があり、それらをロープでつないであるため水中で方向を見失いづらく、また効率的にダイビングすることができる。伊豆で1・2を争うマクロ生物好きなダイバーが集まるダイブスポットであるが、「黄金崎ホール」と呼ばれる洞窟もある。

詳しくはこちら

駿河湾に大きく突き出した岬が大瀬崎。日本を代表する有名なスポットだ。基本的にはビーチダイビング。岬の湾内側と外海側のポイントに分かれるが、どちらも潜降すると浅い岩場で、沖に出ると砂地が現れる。湾内側はいつも穏やかで初心者向け講習などにもよく利用される。外海は少し先がすぐに深海になっているため、ときおり深海魚が現れたり打ち上げられたりする。マクロ的な生物が多く、幅広い層に人気のスポットとなっている。

詳しくはこちら

田子には外海に6つ、湾内に4つのボートポイントがある。ビーチも1か所ある。湾内のポイントにはまるで沖縄のようなミドリイシサンゴの群生地があり、その周りにトロピカルな小魚がたくさん見られる。外海のポイントは、豪快な地形で回遊魚もまわってくる魚影の濃いポイントが多い。また夏季には黒潮の中をドリフトダイビングする「ブルーウォーターダイビング」も行われている。

詳しくはこちら

風光明媚な西伊豆のポイント。ビーチエントリーもボートエントリーも可能。小さいプールがある。1年中ナイトダイビングできる。浅いビーチの砂地を岩場に進んでいくと洞窟やカバーン、アーチなどがある。その周りはウミウシが多く見られ、過去に500種ほどが発見されている。ボートポイントには色とりどりの魚が群れ、それを狙う回遊魚なども時折訪れる。

詳しくはこちら

都心から非常に近いため日帰りでダイビングでき、1日に3ダイブ以上も可能なポイント。ビーチエントリーのみ。スロープを伝ってエントリーし、潜降すると岩場が広がる。沖に向かって100mほど泳いでいくと広い砂地に出る。砂地と岩場の境界付近に魚が多く見られる。このポイントの見どころは昔、江戸城の石垣を作るための石をこの辺りで切り出しており、海運で江戸まで運ぶ途中に水中に落下した岩である。水中で歴史的な遺構を見ることができる。

詳しくはこちら

おすすめコース

Night Diving and Limited Visibility

太陽が沈んでもダイビングは終わりません! ナイトダイバーになって、夜しか顔を出さない素晴らしい海洋生物を観察しましょう。 SSI ナイトダイビング&視界不良スペシャルティプログラムに参加しましょう。                                

詳しくはこちら

Sea Turtle Ecology

ウミガメの種類を特定し、その歴史と海洋生態系における役割、そしてウミガメの生存に対する脅威を発見する方法を学びます。 コースを修了すると、SSI ウミガメエコロジー・スペシャルティの認定を受けることができます。                     

詳しくはこちら

Dive Guide

認定ダイバーを水中でリードしたい、またはスクーバダイビングプロフェッショナルになるための道を歩み始めたい、あるいは自身のスキルを向上させたい、それとも誰もが憧れるダイブマスターの評価に近づきたいですか? それならダイブガイドになって、今すぐダイブマスターにアップグレードしましょう!

詳しくはこちら

Basic Freediving

フリーダイバーたちが何度でも水に戻りたくなるその自由と静けさを発見してください。 この必須のフリーダイバートレーニングでフリーダイビングに行く方法を学び、SSI ベーシックフリーダイビング認定を取得しましょう!フリーダイバーの冒険はここから始まります!                  

詳しくはこちら

Navigation

自分がどこに向かっているのかを常に把握した状態で、より優れた自信に満ちたダイバーになりましょう。 ダイブコンパスの使い方、ナチュラルナビゲーションテクニックなどを学びましょう。今日からSSI ナビゲーションスペシャルティに参加しよう!                                       

詳しくはこちら