Fisherman’s Rock

3mswから始まるこの場所は、ピナクルに住む、または訪れる様々な海洋生物のための美しい場所です。片側はメインのバリアリーフにつながっていて、もう片側は40msw以上の大きなドロップオフがあり、上部は色鮮やかなソフトコーラルで覆われています。このサイトはいつでも潜ることができます。

タイタン・トリガーフィッシュ(巣作りをしていることが多い)、キハダマグロ、ワフー、バラクーダなどの外洋性魚類、ハンマーヘッドシャークやシルバーチップシャークがグレイリーフシャーク、ブラックチップシャーク、ホワイトチップシャークに混じって現れることもあります。

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 10 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • スノーケリング
  • マクロスポット
  • クリーニングステーション
  • 根、水中山

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

2mswからスタートし、50msw以上にドロップオフするウォールダイブは、太陽と空を見通すことができる屋根の開口部(ヘブンズドア)を持つ巨大なスイムスルーを備えています。壁は、万華鏡のように色とりどりのソフトコーラルと巨大なウミウチワで大きく飾られています。水中写真家にとっては夢のような場所です(マクロとワイド)。

詳しくはこちら

4つのピナクルがメインリーフから約20m離れたところに集まっていて、水深5mのところにあります。1つのピナクルはポテトコーラルでできたドーム型をしていて、浅いところはガーデンイールがいる砂地、もう1つは水深30m以上のところに落ちています。通常、このサイトは引き潮の時に潜ります。

詳しくはこちら

スタティックダイブでもドリフトダイブでもOKのウォールダイブで、通常はアウトゴーイングカレントがベストです。流れが強いときは特に、ブルーウォーターの透明度が高いので、多くの海洋生物を見ることができます。壁にはスポンジやソフトコーラルが多く見られます。

詳しくはこちら

ルートカナルは新しく発見されたサイトなので、まだ勉強中ですが、大きなピナクルで、最も浅いところでは23mmw、60mmw以上にうねりながら下がっています。強い流れの中で、外洋魚の大群やたくさんのサメなど、たくさんのアクションが見られます。このサイトについては、まだ多くの発見と学びがあります。

詳しくはこちら

干潮時にトップが水面を割って、砂地の底に24mmwまで落ちていくウォールダイブです。壁には、ハードコーラル、ソフトコーラル、ウミウチワ、ムチヤギなどが生息しています。

詳しくはこちら

Neptune’s Rhapsody

最も大きなピナクルは、私たちがいつもボートを停泊させている場所で、18mSwまで下がり、窓のある大きなトンネル、大きなソフトコーラルの木とウミウチワがあります。ほとんどのピナクルは、黄色のソフトコーラルとホイップコーラルで覆われていますが、潮が満ちているときに潜るのがベストです。

詳しくはこちら

このピナクルは、黄金色のソフトコーラルとたくさんの魚類で覆われており、通常は潮が満ちてくるときに潜ります。

詳しくはこちら

これらのピナクルは、ネプチューのラプソディの浅瀬にあり、メインリーフに近く、水深3mから始まり、最大水深30mで、鮮やかなゴールデンイエローのソフトコーラルで覆われています。ソフトコーラルが栄養豊富な水を餌にしているので、潮の流れが強い時に潜るのがベストです。

詳しくはこちら

メインリーフの先端にある美しいピナクルは、2mswから始まり、24mswまで落ち込み、巨大なウミウチワ、ゴールデンイエローのソフトコーラル、豊富な魚類で彩られています。通常、このサイトは上げ潮の時に潜ります。

詳しくはこちら

ほとんどのダイバーに適したウォールダイブで、メインリーフのポイントから北西方向に5mswから始まり、12mswからのリッジと30mswでボトムアウトします。

詳しくはこちら