Three Trees

シミラン諸島、9番の島の北東に位置するポイント。エントリーの目印使われる3本の大木に因んで命名されました。5m前後の浅場から、18mくらいまで珊瑚礁のスロープ、その先の深場には真っ白な砂地と離れ根が点在しています。沖合いには、ソフトコーラルの群生が美しい岩場があり、大型の魚を見ることができます。島に当たった潮が分かれる場所にあるため、潮通しが良く、潮の強い時にはドリフトダイブが楽しめます。

フュージリア、ツバメウオ、バラクーダなどの群れから、チンアナゴやジョーフィッシュ、共生ハゼなどの砂地の生物、浅場の珊瑚礁に住む海ガメ、チョウチョウウオやスズメダイなど、多様な生物を見ることができる、マルチなダイブサイトです。潮通しの良いエリアでは、マンタなどの超大物が現れることもあります。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 18 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • ドリフトダイビング

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

ブレックファストベンドは、非常に細長いリーフです。少し傾斜していて、最大水深は35mです。上部はハードコーラルでいっぱいで、16/18mからは砂地になり、グラスフィッシュで美しく覆われた孤立したコーラルブロックがあります。

詳しくはこちら

シミラン諸島の最北端、9番の島の北側にある、その名のとおり、シミラン諸島で一番北に位置するダイブサイトです。巨大な花崗岩が重なり合い、大きなウォールやチャネル、スイムスルーを形成し、変化に富んだ地形が特徴的です。外洋に面した深場には、離れ根があり、大きなウミウチワの見事に群生しています。一番大きな根のトップは、推進5mと浅く、リーフからも近いため、地形ポイントでありながら、後半はリーフでの癒し系ダイビングも楽しめます。

詳しくはこちら

シミラン諸島、9番の島の西側のコーナーに位置する、潮通しのいいダイブサイト。イバラカンザシ(英名:クリスマスツリーワーム)が群生する根あることから命名されました。潮流よって浸食された複雑な形の岩々の隙間は、チャネルやスイムスルーになっていて、ダイナミックな地形が楽しめます。岩に沿って深場に出ると、コンディションによっては潮が速いので、注意が必要です。

詳しくはこちら

An easy dive site on Island 8. You can dive in or out of the bay through a channel. You can only dive with little current, otherwise, you can only dive one way as a drift dive. In the shallow area it is very rocky then gets sandy in the deeper depths.

詳しくはこちら

The dive site Turtle Rock is located on the west side of island no. 8, Koh Similan. The dive site owes its name to a granite rock that looks like a turtle.

詳しくはこちら

シミラン諸島、7番の島と8番の島の間に位置する、海の真ん中にポツンと顔を出した岩礁ダイブサイト。水面から出ている岩の形が、象の頭に似ていることから、命名されました。巨大な花崗岩が重なり合ってできたこのポイントには、いくつものチャネルやスイムスルーが点在し、神秘的な景観を作り出しています。潮通しもよく、早朝にはヒカリモノの補食シーンやサメ類、大物も期待できます。浅瀬には、小魚を狙って特大サイズのロウニンアジが入ってくることもしばしば。シミラン諸島を代表するダイナミックなダイブサイトです。

詳しくはこちら

シミラン諸島、7番の北端に位置する地形派ダイブサイト。南北に細長い島の北の頂点に位置するため、潮通しが良く、潮流に浸食された花崗岩の巨岩が、30mの水底から幾つかの段差を形成しています。重なり合った巨岩が、スイムスルーやオーバハングを形づくり、迫力のある景観を楽しむことができます。潮の早いコンディションでは、注意が必要です。

詳しくはこちら

イーストオブエデンは7番島の東側にあります。このダイブサイトは、国立公園の管理者によって再生できるように閉鎖されました。非常に美しい珊瑚の風景がここで見られます。時折、このダイブサイトがいつ再開されるかをチェックしてください。

詳しくはこちら

シミラン諸島、7番の島の西側にある地形派ダイブサイト。ポイントのハイライトとなる3つの巨岩を中心に、両サイドはなだらかな珊瑚礁のスロープになっています。巨岩の沖側のウォールや深場には、ウミウチワやウミトサカなどのソフトコーラルが群生し、とてもカラフルで華やかな印象です。巨岩上の浅場や、珊瑚礁のスロープには、ハナヤサイサンゴを中心としたハードコーラルが群生し、多種多様な生物の住処となっています。

詳しくはこちら

4島の最北端に位置するダイビングポイント。大きな岩(ボルダー)が多く、その間に潜ることができます。このダイブサイトでは、ほとんどの場合、流れがあるので注意が必要です。

詳しくはこちら