ヤップでのダイビング

赤道から北に9度の位置にあるヤップ島は、ミクロネシアの伝統的で魅力的な島です。ミクロネシアで最も魅力的な島と言われているヤップ島は、一年を通してダイビングに適した環境にありますが、12月から4月の間が最もダイビングに適した時期です。この時期はマンタの交尾期で、この穏やかな巨人を間近に見ることができます。ヤップの海はマンタの生息地として最も有名です。この場所では、世界で最大のマンタの濃度を見つけることができます。ヤップは古代からの伝統に富み、太平洋で最も特徴的な文化の一つです。地元の人々にとって、ダンスは最も重要な伝統の一つであり、伝説を伝えたり、歴史を記録したり、娯楽目的でも使用されています。イルカやパイロットクジラに出会えるチャンスがある4月から9月の夏の間に訪れることをお勧めします。 ヤップの他のエリアでは、透明度の高い水、楽しいスイムスルー、そしてたくさんの小さな生き物たちがあなたの目を楽しませてくれます。ヤップへ行くには、グアムまたはパラオから飛行機を利用することができますが、特定の曜日のみです。

ヤップで訪問するダイビングサイト

ヤップのおすすめスポット

南西アウターリーフ

より深いダイブとドラマチックな風景を求めるなら、ヤップの南西角でのダイビングは外せません。

詳しくはこちら

グフヌーチャンネル

グフヌー海峡では、一年を通してマンタが独特の行動を見せる姿を見ることができます。

詳しくはこちら

ミイルチャンネル

ダイバーの間でヤップを有名にしたエリア、ミイルチャネルは島の北端に位置しています。

詳しくはこちら

ヤップの野生動物との出会い

マンタ、マンタ、もっとマンタ。マンタって言いましたっけ?この地域への旅行に最適な時期は、12月から4月までのマンタの交尾期で、翼の長さが14フィート(4.3メートル)にもなるこの驚くべき生物の近くに来ることが保証されています。 また、ブラックティップ、グレーティップ、ホワイトティップのリーフシャークにも遭遇するでしょう。健康なサンゴ礁には、ハードコーラルとソフトコーラルの両方があり、カラフルな魚もたくさんいます。ヤップはまた、最もユニークで美しい色をした小魚の一つであるマンダリンフィッシュの生息地でもあります。