バルパライソでのダイビング

チリのバルパライソ地域には50以上のダイブセンターがあり、毎日のダイビングツアーやスキューバダイビングのコースを提供しています。しかし、チリでのダイビングのベストシーズンは12月から3月にかけてです。船で1時間もかからずに、チリでも有数のダイビングスポットに行くことができます。 チリのバルパライソ地域でのスキューバダイビングでは、壁、沈船、そしてたくさんの生物多様性など、さまざまなタイプのダイビングが楽しめます。海岸から少し離れるだけで、数メートルから40メートル以上の深さの壁が広がっています。バルパライソ港では、多くの沈船を探索することができ、サパラーやキンタイの街のすぐ沖合には素晴らしいダイビングスポットがあります。 フンボルト海流による栄養豊富な水の湧き上がりのおかげで、この地域には優れた生物多様性があります。岩礁を覆うイソギンチャクやカイメンなど、あらゆるものがより大きく、より鮮やかに成長しているように見えます。 チリでのダイビングは、サンティアゴ国際空港(SCL)を利用し、サンティアゴから120〜180km離れたバルパライソのダイブセンターまで車やバスで行けば簡単にアクセスできます。豪華なホテルから低価格のベッド&ブレックファストまで、多くの宿泊施設があるので、宿泊先を見つけるのは簡単です。ダイブセンターによっては、宿泊サービスを提供しているところもあります。バルパライソでのダイビングをぜひ体験してみてください。

バルパライソで訪れたいダイビングスポット

バルパライソのお勧めスポット

パプド

パプドエリアの水中で、ユニークな岩の形や崖、ピナクルなどを探索します。

詳しくはこちら

バルパライソ地方での野生動物との出会い

バルパライソ地域の豊かな生物多様性には、フンボルト海流の上昇流が欠かせません。この海域では、多種多様な藻類、無脊椎動物、魚類、海洋哺乳類を見ることができます。この海域には、多くのウミウシ、クラゲ、パイロソーム(ウミウシ)、イソギンチャク、カイメン、ウニ、ヒトデ、軟体動物、カニ、エビなどが生息しています。岩壁を覆っているのは、ゴルゴニアン、イソギンチャク、スポンジなどのカラフルな冷水性サンゴです。また、ローリゾー、レンゲソウ、カスタネータなどの底生魚や、エイやムーンフィッシュなどにも出会えることがあります。夜のチリでのスキューバダイビングでは、タコ、ピンタロハス・シャーク、シャコなどの生物に加えて、発光する生物も見られます。海洋哺乳類では、ラッコ、アシカ、イルカ、クジラなどが見られます。