ガラパゴス諸島の南の島々でのダイビング

群島の水温は通常18~24℃で、視界は6~20mです。ガラパゴスでのダイビングでは常に潮流がありますので、現地のオペレーターに確認してください。水中の地形は火山性の海底で、サンゴはほとんどありません。ロブスター、ウツボ、カサゴ、ウミウシなどの底生生物を多く見ることができます。アシカはダイバーの前を頻繁に通り過ぎ、ホワイトチップシャークやハンマーヘッドシャーク、マーブルシャーク、モブラ、マンタなどがディープブルーの中を旋回しています。ゴルゴニアンの上に住むタツノオトシゴもよく見られます。南部の多くのダイビングポイントは、諸島の主要都市から日帰りでアクセスできます。

ガラパゴスの南の島で訪問するダイビングサイト

ガラパゴスの南の島々での野生動物との出会い