サトゥン州でのダイビング

タイの南西端に位置するサトゥン県は、あまり知られていませんが、探検してみるのも楽しいものです。最近ユネスコのジオパークに認定されたばかりで、人里離れたこのスポットはよく保護されており、タルタオ国立海洋公園を構成する50ほどの楽園の島々は、長い間手つかずの状態のままであることが保証されています。この海域には、世界の熱帯魚の25%が生息していると言われています。アンダマン海の水面下で時間を過ごすと、それらすべてを見ているように感じるかもしれません。リペ島はメインの島で、ほとんどのダイビングはここからボートで出発します。ソフトコーラルや巨大な岩石が多様な海中景観を作り出しています。古代イギリスの遺跡にちなんで名付けられたストーンヘンジもあり、花崗岩のメンヒルの巨大な尖塔が水面まで伸びています。これらは、初心者から経験者まで、あらゆるレベルのダイバーが楽しめる、タイで最もエキサイティングな未踏のダイビングスポットです。ハイシーズンは10月から5月までですが、年間を通してダイビングを楽しむことができ、オフシーズンにはまばゆいばかりの視界を楽しむことができます。タイで最も保護されていると言われる海底で、世界に先駆けてタイの隠れた一角を発見し、ユニークなダイビング体験をお楽しみください。

サトゥン州で訪問するダイビングサイト

サトゥン州のおすすめスポット

リペ島

リペ島の小さな島には、穏やかで透明度の高い海とストーンヘンジの尖塔がある小さなシークレットダイブスポットがあります。

詳しくはこちら

サトゥン州の野生動物との出会い

サトゥンでは、あなただけのカメを見つけることはありませんが、これらの水を漕ぐカメの3つの種があります。ヒョウモンザメやジンベイザメだけでなく、マッコウクジラやミンククジラもいます。サンゴ礁の魚は豊富で、ジュゴンやイルカ、様々なエイやヒトデ、ナマコや巨大なアサリなどを見ることができます。ソフトコーラルガーデンでは、トリガーフィッシュやフグ、ウツボやパロットフィッシュなど、色とりどりの魚たちが見られます。保護された海には、微細なタツノオトシゴや真珠のように輝くウミウシが生息しており、8マイルロックでは大型のバラクーダ、ハタタテダイ、ジャイアントトレバリーを見ることができます。